【退職時期のおすすめ】公務員を手当で損せず辞めるタイミング

公務員の転職

公務員を退職する時期って、いつがいいの?

こんにちは!みに丸です。

今回は、公務員のおすすめの退職時期について、私の経験も踏まえて解説します。

この記事を読んで、円満に、そして損をせずに退職しましょう。

それでは、早速ですが本題に入ります。
目次の通り解説します。

公務員の退職時期のおすすめ

公務員を辞めるなら、年度末の業務の区切りが一番無難です。
なぜなら、

・異動時期と重なり、円満に退職しやすいから
・人事にも迷惑をかけないから
・引き継ぎ時期が重なるから

荒波を立てたくないなら3月末が良いでしょう。

しかし、もらえるはずだったお金(手当)を損せずに辞めたいですよね。

そこで、公務員の退職時期で大きく影響するお金として、

・退職金
・ボーナス
・有給休暇

を基準におすすめ時期を紹介します。

在籍した期間・辞める時期によって、これらは変動するため、退職したい時期や転職先の入社時期とあわせて、うまく計画しましょう。

公務員の給与や休暇については、各々の自治体の条例や規則は一回は見ておきましょう。

退職手当を基準とした3月末

公務員を自己都合退職する場合の退職手当は、在籍期間に応じて支給率が決まり、給与月額がかけられた金額と調整額により支給されます。

退職金の計算は簡単に書くと以下の通り。

退職手当 = (退職時の給料月額×勤続年数に応じた支給率) + 調整額

ここで、重要なのは「いつまで働けば勤続年数が1年にカウントされるか。」
答えは4月入庁なら3月1日までです。

・「職員として引き続いた在職期間で、職員となった日の属する月から退職した日の属する月までの月数で計算し、1日だけでも在職した月は1月と数える。」→日数は切り上げ
・「計算した在職期間に1年未満の端数月がある場合には、その端数月は切り捨てる。」→月数は切り捨て
つまり、4月入庁で2月中に退職すると4月からの約11ヶ月分は1年としてカウントされない。

3月末まで有給休暇を消化しながらキリよく働けば良いかもしれないですね。

期末勤勉手当を基準とした5月末か11月末

私が勤めていた自治体の期末勤勉手当支給の基準日は6月1日と12月1日です。自治体の条例に定められていますので確認しましょう。

ただし、自治体によっては基準日前1月以内に退職した人も同様にもらえる場合もあるようです。(退職時期5月や11月でももらえる)

なので、自分で調べましょう。人事課給与担当に匿名で電話するのも選択です。

『注意点』
6月末日まで在籍していると、6月支給分の期末勤勉手当から社会保険料が控除されるので注意!5月後半なら控除されない。

以上より、おすすめは5月末です。(11月だと在籍7ヶ月分の退職手当はもらえない)

年次有給休暇を使い4月以降の退職

地方公共団体の公務員なら、有給の付与日は、各自治体ごとにある条例で「年ごと」か「年度ごと」に定められていて、1月1日4月1日年20日与えるというようになっています。

基本的には40日まで貯めれるようなので、使い切ることを忘れないようにしましょう。

1月1日に有給休暇が支給されるなら、3月までに使い切るためには、最短でも2月までには引き継ぎを終えないと使いきれない計算になりますね。

また、3月末で業務を終了し、そこから有給休暇を使い切れば、最長で5月末退職も可能です。

退職を早めに伝えて人事に交渉することで、4月から幽霊社員として、名前だけ在籍して出勤しないことも可能です。

(結論)3月末最終出勤5月後半退職

まとめると、以下のとおりです。

  • 退職手当 →3月以降、できるだけ早期の退職
  • 期末勤勉手当 →6月1日前後か11月1日前後
  • 年次有給休暇 →3月31日に最終出勤し、フル消化

これらを総合すると、3月31日に最終出勤し、年次有給休暇を全て消化して、5月後半に退職するのがベストな選択です。

(私の場合)3月末の退職を目処に転職活動をしました。繁忙期シーズンの3月までに有給を使い切ることが難しく、3月末に業務を終了し、そこから有給休暇を消化して4月末退職になりました。
ほとんど有給休暇を使い切りましたが退職手当をもらえなかったのが残念な結果となりました。
また、選考時期も少し早かったので、転職先との調整で5月退社は厳しかったです。

これから、転職活動を始める人は退職時期をここまで考えてからスタートしましょう。

あらかじめ、スケジュールを組んでから始めないと、希望時期の退職は本当に難しいです。この記事も参考にしてください。

【転職の進め方】転職活動の準備期間はどれくらい?スケジュールを把握
これから転職を考えている方は、まず転職活動の全体感を把握しておきましょう!この記事を読むことで転職活動の全体感を抑えることができ、ゴールから逆算してスケジュールを立てられるので、より計画的に転職活動を進めていくことができます。

退職の申し出時期

私の県庁では、ルール上10日前に申し出れば、退職できることになっています。

職員は、退職しようとするときは、特別の事由がある場合を除き、退職しようとする日の十日前までに、退職願を提出しなければならない。

しかし、みなさんご存知の通り、人事異動の調整があります。3〜5月に退職するのであれば、できるだけ早い1月末から2月頭くらいには、上司に伝えるようにしましょう。

内定をもらい、転職が確定した時点で、早めに上司に伝えることをおすすめします。

最後に

先ほども述べましたが、無計画で転職活動しながらだと、退職時期を希望通りにもっていくことは難しいです。

また、志望先の転職が決まる前に、入社時期を決めないといけない一方で、希望の退職時期に退職できるかを上司や人事に確認できないため、不安もあります。

上司に引き留められたり、有給をフル消化して退職するのを渋られる可能性もあることは念頭に置いておいた方がいいかもしれません。
(年次有給休暇の使用時期を選ぶ権利はこちら側にあるのですが……。)

このため、前もって立てた計画の通り転職活動しつつ、早めに退職の意思を伝えることがポイントです。

円満退職を優先しつつ、交渉してみましょう!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました