【20代・30代】公務員から民間転職は難しい?おすすめ業界・転職先

公務員の転職

公務員から転職するなら、どんな業界がおすすめ?

転職したい業界や企業がない。
公務員の転職先はどこがあるんだろう?
とりあえず公務員を辞めたい。

こんにちは、元国家公務員のみに丸です。今回は、公務員から転職しやすい業界をまとめてみました。

やりたいことがあって転職したい方ははじめから転職の候補があるかもしれませんが、
とにかく公務員として今の職場に勤務することは限界で、「とりあえず転職したい」という方もいるでしょう。

公務員から民間企業への転職する際は、事務系の場合、職務経験がほとんど評価されません。採用が決まった方も職務経験が評価された場合よりも、ポテンシャルが大きいかもしれません。

志望企業をなんとなくで選んでしまうと、それだけ難易度が高く、中々内定をもらえない可能性があります。

転職先がなかなか見つからない方、おすすめの業界を参考に、志望企業の検討してみてください!

公務員から民間への転職は後悔する?


やりたい仕事や行きたい業界が決まってない場合は、転職を後悔する可能性があります。

なぜなら、今の仕事がイヤだからという理由で転職を繰り返していると、

・仕事の経験が上積みされず、逃げの姿勢になってしまう
・やりたい仕事がないと、転職先でも合わないと感じる
・公務員よりも不安定な企業や激務な職場に当たってしまう

ことになってしまいます。
そのため、転職するのであれば、よく業界や企業を検討しておくことをおすすめします。

公務員から民間への転職は、少なからず「安定を失う」という可能性があるため、自分が本当に転職する必要があるのかどうかを今一度検討した上で、転職活動を進めましょう。

公務員からの転職は早い方が良い


公務員から民間企業への転職の難しさは年代毎で大きく変わります。

20代    :転職可能
30代前半  :多少難しくなる
30代後半以降:難易度は高い

結局、国家公務員でも地方公務員でも、民間企業への転職はほとんどの場合、「未経験業界・職種への転職」です。

自分がこれまでに担当してきた業務に関係のない業界への転職を考えるのであれば、難易度は「未経験の民間への転職」と大きく変わらないでしょう。

転職タイミングは早ければ早いほどポテンシャルを高く評価されるため、有利であることは間違いありません。

しかし、私の周りでも多くの官僚や県庁職員が民間企業への転職を成功しています。また、私も国家公務員から民間の大手にキャリア採用で内定をもらっています。

諦めるにはまだ早いです!!

まずは、自分が持っているスキルを整理するところから始めましょう。

転職で成功する鍵は、この後解説する公務員の『強み』『弱み』を把握しているかにあります。

公務員の『強み』と『弱み』


公務員の『強み』『弱み』について考えたいと思います。

もちろんこれまでの担当してきた業務内容の違いや個人差はあるかと思いますが、おおよそ以下については当てはまるのではないでしょうか。

公務員『強み』
・事業者や自治体との調整力
・情況把握力
・読解力と説明力

公務員の『弱み』
・専門分野がないこと

それぞれについて解説していきます。

調整力

公務員の業務は「他の担当係とのやりとり」「事業者との委託」「自治体への指導」など、多くの業務を多くの関係者を巻き込んでのではないかと思います。

そのため、調整に苦慮した経験が皆さんにもあるんじゃないでしょうか。

そのような多くの関係者との調整の経験は、民間企業の仕事で活かせるスキルであり、是非強みとして認識しておきましょう。

転職の面接で、実際に活かせる力として伝えたよ!

情況把握力

『情況把握力』とは、自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力のことです。

公務員の仕事は幅広く、異動も多いです。

そのため、様々な仕事行う上で、情況把握力が必要とされます。
業務委託や、住民への対応、自治体との協議、局長への説明など。

自分の立場に見合う業務を、上司や同僚と協力しながらチームで行ってきたことかと思います。
この経験は、民間企業においても、営業や他の関係者と仕事をする際にも活かせると考えられます。

周囲に配慮して行動した経験や業務を改善するために工夫したことなどをアピールしていきましょう。

読解力と説明力

公務員の仕事には、多くの法律や政令、要綱などを用いて業務を行なっていると思います。そして法令をしっかり読み込み、議員や事業者、住民へ分かり易く説明できる力が必要とされます。

分かりやすく正確に説明するために、何度も読んだり、上司に確認してきた経験があることでしょう。

そのため、日々の業務で読解力や説明力は鍛えられており、民間企業でも活かせることでしょう。

専門性のなさ

公務員にも技術職(建築職や土木職など)では専門性がある仕事ができるのですが、「民間企業でそのまま役に立つ専門性」という観点では専門性を持たない人が多いのではないでしょうか。

ある分野の法律にすごく詳しくても、それが民間企業で役に立ちにくいことはあるかと思います。

逆に、業務で関わった法律に関する業界を転職できるのであれば、経験を活かせるため、検討をおすすめします。

しかし、専門知識がそのまま活かすことは難しい場合が大半でしょう。そのため、公務員から民間企業への転職は「未経験転職」と大きく変わらないこととなってしまうのです。

未経験業界への転職では、専門性を大きく評価されないため、採用にあたっても大きく影響しないため、未経験と割り切って異業種へチャレンジすることも一つの選択となるでしょう。

公務員のおすすめの転職先


以上を踏まえ、公務員の『強み』を活かせるおすすめの転職先について紹介していきます。

・教育業界
・行政と関わる業界
・経理職
・IT業界
・士業

教育業界

学習塾の講師や公務員の予備校講師などの求人は多くあります。

これまで公務員として勤務してきたあなたは、公務員になる時も、大学入試の時も、高校入試の時も、多くの試験を突破するために勉強を続けてきたと思います。

勉強してきた内容や勉強のやり方は、人に少し誇れる部分はありませんか。

教育関係は、公務員としての経験を活かせる職場かもしれません。

自分で勉強することと人に教えることは確かに別です。

ただ、丁寧に教える・説明するスキルについても既にスキルとして活かせる方も多いのではないでしょうか。

人の成長を間近で見れる仕事なので、やりがいも今よりあるかもしれません。

行政と関わる業界

公共事業の受託企業やコンサルティングファーム、総合シンクタンクなどは行政と仕事をする機会が多いです。

このような業界は行政側が何を求めているか、
どのような提案をすると採択されやすいかを考えなければいけませんが、
公務員として勤務してきたあなたは、内情をよく知っているはずです。

行政と仕事をする民間企業は意外に多いです。

これまで、政策や事業に携わってきた、行政での経験を大いに活かせるでしょう。

自分の経験がすぐに役立つ可能性もあるので、政策・調査関係や行政から仕事を受注するコンサルなどの転職先を探してみることをおすすめします。

経理職

経理職は、事務処理能力が活かせます。

スピードと正確さを求められる経理では、事務処理能力が重宝されます。
読者さまの中には会計に関する担当に配属されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

月末や決算期であっても、淡々とミスなく処理する能力があれば、経理として活躍できますよ。

また、簿記の知識を資格取得などで身につけておけば、転職しやすくなります。

IT業界

IT業界は人不足のため、1からでも育成にお金をかけてくれる企業は多く、働きながら手に職をつけられます。

今後も当面は人材不足のため、20代であれば今からの転職でも遅くないでしょう。

さらに、公務員時代に身につけたスキルも活かすことができます。

チーム内メンバーとのコミュニケーションはもちろんのこと、クライアントの要望や要求を聞き出す力が必要です。
これまで、窓口での住民との対応や折衝経験、事業者との打ち合わせの経験が活かせるのではないでしょうか。

さらに、知識のないクライアントに対して、IT用語を使わないで、わかりやすく説明する必要があります。

公務員時代のわかりやすく説明する力が活きてくるのではないでしょうか。

士業

税理士や行政書士、司法書士などの業界です。

これらの業界は企業や個人のために役所での手続きを代行します。

税理士なら税について、司法書士なら登記の内容について
法律や条文に詳しくないといけませんが、業務で携わってきた経験のある方は少なくないのではないでしょうか。

また、未経験であっても、県や市が出す文書の内容を理解し、顧客との仲介を行うことが仕事になるので、これまでの『法令を読み解いてきた経験』が無駄になりません。

これらの業界では、役所と同じように地道な作業を正確に行うことが求められる場合が多いため、仕事の取り組み方が似ています。

転職後はスムーズに仕事に取り組める可能性も高いでしょう。

まとめ

今回は、公務員から民間へのおすすめの転職先について紹介しました。

転職者の得意・不得意や経験などは異なりますので自分に合いそうな業界を探すことが一番重要です。

また、民間企業に転職する際は、残業時間や休日日数も気になりますよね。ホワイトな企業を探しがちになる気持ちもあるのではないでしょうか。

私は、転職後もホワイトな業界で働きたかったので年収や福利厚生、ライフ・ワーク・バランスを重視していました。

とはいえ、印象だけで決めず、それぞれの企業のいいところ悪いところを比較しながら、転職活動を進めていきましょう。

私が、公務員から民間へ転職した経験談も参考ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました