とりあえず3年働くなら転職すべき5つの理由

転職

こんにちは、みに丸です。

同じ職場で、とりあえず3年は働くべき?
今すぐ辞めることにデメリットはあるのか?
転職する時、大丈夫なの?

転職を考えている方には、上記のような悩みをもったことあるのではないでしょうか。

この記事の結論は
年数を気にせず、辞めたければ辞める。続けたければ続ける。
です。

ただ、3年以内に辞めてしまう場合は転職の際に注意すべきこともあります。

3年以内に転職すべき理由と、転職後に注意すべき点についてまとめています。

最後まで読んでいただけれると幸いです。
それでは本題に入ります!

3年働かないといけないと言う人の理由

3年は働かないと成長できない

3年は働かないと成長しないものなのでしょうか。
確かに、年数を重ねないとスキルが身につかないと思います。
しかし、これは人の成長速度や環境によって異なるものだと思います。

例えば、1年あればだいたいのことがわかってくる部署で3年仕事をしていたとしましょう。

1年目の成長と3年目の成長を比べると1年目の方がより成長できると思いませんか。

1年目はわからないことが多く、覚えるべき情報量が多いため、成長も早いと考えられます。

必ずしも、3年間同じ会社に留まらないと成長できないと言うわけではありません。
1年でも圧倒的に成長できる環境もあるので一概には言えないと思います。

逆に、仕事のジャンルや会社を変えることで、より成長できる可能性はあるのではないでしょうか。

忍耐力がない

1年で仕事をやめてしまうと忍耐力がないと、我慢強さを指摘されたり、周りから色々言われることもあります。

確かに、忍耐力は大切です。毎日継続し続けることができれば、成果を出せる可能性も高くなります。

しかし、定年退職まで一つの会社に留まり続けないといけないという常識は徐々に無くなりつつあります。

自分はこの会社で3年も費やすことが良い選択なのか、今一度考えてみましょう。

今の職場で3年居ることがもったいないと思うようになっているのであれば、転職に向けて行動するべきではないでしょうか。

3年以上働いて欲しいから

実は、3年以上働くことは、会社にとってメリットが大きいです。

  • 早期離職率が低下し、会社のイメージがよくなる
  • 教育コストを回収できる

会社を早期に退職する人が減れば、それだけ教育や人事に割くコストを減らすことができます。

自分の人生です。本当に、転職したいのであれば、よく考えて行動しましょう。

とりあえず3年働く3つのデメリット

会社の将来性に不安を感じる

会社の経営状況が安定とは必ずしも言えません。コロナの影響もあり、会社が倒産する可能性は低くはありません。

とりあえず3年間居続けたほうがいいという考え方は良くないのではないでしょうか。
必ずしも、3年働けるとも限りません。

逆に、成長する企業は物凄い勢いで成長しています。
興味のある業界や会社があるのであれば、早く行動していくべきではないでしょうか。

仕事のストレスで体調不良になる

パワハラや長時間残業によって体調を崩してしまっていれば無理に続ける必要はありません。

責任感がある人はなかなか仕事を辞めることができない人も多いかと思いますが
体調を崩してしまっていては、仕事での成果を出すことができませんし、周りにも迷惑をかけてしまいます。

残業どれくらいしていますか?

  • 720時間以内
  • 複数月平均80時間以内
  • 100時間未満

厚労省によると上記を違反した場合には罰則が科せられる恐れがあるそうです。
いわゆる、ブラック企業に当たる可能性があります。

肉体的にも精神的にもやられてしまいますので、3年続けなくてはいけないと思うことは危険です。

注意しましょう。

自分の成長が遅くなる

その職場に3年間居たからと言って成長し続けることができるとは限りません。

3年働かないといけないと言う人の理由でも書きましたが、同じ職場環境に居続けることは必ずしも自分の成長を促すとは限りません。

転職して環境を変えることで、自分の可能性に賭けませんか。

早期に転職すべき5つの理由

未経験分野にも挑戦できる

3年以内に退職することで、まだまだ若いと認識をされるのが一般的です。
そのため、新卒で入社した時と違った職にもつきやすいです。

早い段階で転職することで、まだまだやり直しができます。
若さを利用して新しい分野で心機一転チャレンジしましょう。

自分にとってより適した職種に転職できる

社会経験を経ているので、より自分に適した業種や分野を選択できる可能性が高くなります。

興味のある分野について、調べる手段も増え、職場の人にも興味ある業界について聞くことができます。

例えば、ゼネコンからディベロッパーや公務員に転職するといった場合には、建築業界・分野の知識もあるため間違った選択をしにくくなります。
さらに近い業界なので、興味ある分野について詳しい人と繋がることができます。

新卒時の就職活動よりアドバンテージを持って臨めるのではないでしょうか。

前の会社を辞めることでストレスから解放される

不満を抱えて仕事をすることは健康にも精神的にもストレスになります。
ブラック企業で働くことで、心に余裕がなくなり自殺に至ってしまうニュースも少なくないです。

しかし、その企業が、たまたま自分に合わないだけで、他の会社に転職することで自分にとって適した会社があるかもしれません。

早いうちに、転職することで、うつ病等の病気にかかったり、仕事ができなくなってしまう可能性が減るのではないでしょうか。

以前勤めていた部署の新卒の子が、たまたま評判が良くない上司の部下となってしまい、途中から職場に来なくなってしまったことがありました。

一度、傷を負ってしまうと復帰が難しいです。危なくなる前に転職を検討する価値はあるのではないでしょうか。

周りへの迷惑がかかる前に退職できる

社歴が長くなるにつれて任される業務が増えるだけなく、責任のある業務も増えていきます。

そのため、1年目であれば、まだまだ辞めやすかったものが2経験を重ねるに連れ、
辞めにくくなり、周囲にも迷惑をかけることになります。

退職する際には、可能な限り早いうちにキリがいい時期(年度末や業務の区切りとなる時期)を狙って
計画的に行動することにも大切です。

3年以内の転職は当たり前

ここ10年くらいの間で転職は急速に増え始めています。
第二新卒に特化した転職エージェントが増えていますよね。

実際に厚生労働省の調査によると3年目までに早期退職する会社員は大卒で約3割だそうです。

転職することは珍しいことではないということがわかります。

また、第二新卒を募集している会社も多く、これは若い人材を求めているからで、早く辞めた方がメリットとなることも出てきています。

転職するにあたって

転職活動では対策が必要

早期退職してしまうと、転職先の面接ではどうして早く退職したのか聞かれることになるでしょう。
新卒から3年以内に転職する人は結構厳しい目で見られます。

「採用後に直ぐに辞めてしまうのではないか?」と思われるからです。

しかし、しっかり目標を立て、転職先の企業分析を行った上で、
経験してきたことや企業に活かせる自分のアピールポイントを整理して臨むことが出来ればこれは大きなデメリットになりません。

アピールできる経験や、活かせるスキル等対策しておくことが大切になってきます。
仕事と並行して資格を取得するなど勉強しておくことも大切です。

具体的に、どのように転職活動していけばいいか不安な方。マンツーマンでキャリアコーチが「キャリア分析」「転職活動」を支援してくれるサービスがあります!

無料でカウンセリングを受けられるので気になる方はチェックしてみてください。
20、30代向けキャリアコーチング【ニューキャリア】

まとめ

今回は少し長かったですが、早期に転職すべき理由について紹介しました。

3年働かないといけないと言う人の理由

  • 3年は働かないと成長できない
  • 忍耐力がない
  • 3年以上働いて欲しいから

とりあえず3年働く3つのデメリット

  • 会社の将来性に不安を感じる
  • 仕事のストレスで体調不良になる
  • 自分の成長が遅くなる

早期に転職すべき5つの理由

  • 未経験分野にも挑戦できる
  • 自分にとってより適した職種に転職できる
  • 前の会社を辞めることでストレスから解放される
  • 周りへの迷惑がかかる前に退職できる
  • 3年以内の転職は当たり前

転職するにあたって

  • 転職活動では対策が必要

これまで経験してきたことや企業に活かせる自分のアピールポイントを整理して臨みましょう!
若いうちだからこそ、たくさんチャレンジできると思います。

後悔のないように、思い切って行動してみませんか?

転職
スポンサーリンク
シェアする
みに丸をフォローする
みに丸

県庁職員・国家公務員を経験した後、大手企業へ転職。
現在は、本業と節約で資産運用しています。
転職やお金の貯め方について元公務員ならではの視点で書いていきます。

みに丸をフォローする
みに丸ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました