退職代行を使うのは非常識?ありえない?クズと思われない使い方

転職の悩み

退職代行サービスって使うとクズ扱いされるのかな?
どうしても使わないと辞めれそうにないんだけど……。

会社を辞めたい…でも、切り出すには上司が怖すぎる。
退職代行ってどうなんだろ。使ったら クズ 扱いされる?
退職代行を使って周囲から悪い印象を受けるのかな

こんにちは!みに丸です。「退職代行を使うなんて非常識なんじゃない?」と、よく耳にしますが果たしてそうなのでしょうか。

私も退職経験がありますが、課長への切り出しにくさと、手続きの面倒さに退職代行に需要に納得しました。

本記事では
退職代行の利用が非常識と思われる原因
退職代行の利用は非常識でない理由
退職代行を使う人は何も気にしないで!
退職代行の詳細とおすすめ

以上の内容について解説していきます。
それでは、早速本題に入ります。

退職代行の利用が非常識と思われる原因

一般的に、どういったことを理由に非常識と言われるのかまとめました。
あくまで客観的に捉えているので、どちらが良い悪いというものではありませんので悪しからず。

退職の面倒な手順を踏まないから

退職代行を使うと、退職に必要な面倒な手順が必要なくなります。
退職代行に退職を依頼した翌日から出社しなくても大丈夫です。

ですが、この便利さ・快適さ退職代行を使うのはクズだ、非常識だと思われてしまう原因になっています。

退職をするには書類の提出等多くの手続きが必要です。
特に、転職と同時に行う場合は次の会社への入社手続きも含めると時間と労力を使います。

しかし、退職代行を使うと楽ができてしまうため、
正規の手続きを踏まないことに対して常識がないと多くの人は思うようです。

世間であまり知られていないから

近年、ようやく認知されてきましたが、退職代行の使用そのものは一般化しているわけではありません。

実際に利用される企業側も、本人でない業者がやってくるわけですから驚きます。

「こんなやり方で退職するなんて、失礼だ。非常識だ。」
という反対意見はどうしても出てきてしまいます。

話をしない・業務に支障が出るから

・挨拶や引継ぎなどを行わない
・直接退職を申し出ない
・突然の退職で業務に影響をきたす

退職代行を使うと、退職申請をした日から2週間で辞めることができます。

そして、会社にとっては突然で、上司や同僚に挨拶無しに辞めることになります。
ほとんどの方は特に親しい人以外には、挨拶をすることなく退職するでしょう。

また、退職することで、後任がすぐに見つからず身近な職員に責任がふってくることもあります。

迷惑をかけるような、退職になってしまうと悪く思われることもあるかもしれません。

以上の踏まえると、非常識に思われないためにも、
一度は上司や同僚に退職の意向を伝えることが必要でしょう。

退職代行の利用は非常識でない理由

中には「絶対に反対されるし、何を言われるかわからない」と既に予想がつくようなブラックな職場環境で働く方もきっといるかと思います。

退職代行を使わざるを得ないような状況に追い込んだ会社にも非があります。
ここでは、退職代行を利用することは非常識でない理由について紹介します。

会社は退職を拒むことはできないから

退職を伝えると、

「一旦、預かっとくから考え直して欲しい。」
「人手不足だからあと半年は働いてもらわないとダメ。」
「突然申し出るなんで迷惑だ。損害賠償を請求するぞ。」

といった理不尽な引き止めに合うケースもあります。
法律の知識がない人は、「じゃあ続けます……。」と答えてしまい、余計に辞めることができないという事態に陥入りかねません。
実際のところ、会社が退職を許さないことは違法です。

辞めることを言い出せない環境や、実際に伝えても拒否されるのであれば、退職代行を使うことは何も問題ではありません。

退職代行を使って自分の心身と時間を守ることをおすすめします。

自分の心身状態を優先すべきだから

中には、私には想像がつかないような、ハラスメントをしてくる上司がいて、ストレスを抱えている人もいるかもしれません。

また、心身への負担は外部からのストレスの大きさも影響しますが、自分の受け止められる許容量によるので人それぞれです。

『私の経験』
私は少し厳しい上司と組んでいた時、小さい円形脱毛症になったことがあります。当時はものすごくストレスを感じていました。
次の年には上司と別々になったので、「そういう上司もいるんだな、勉強になった。」でなんとか済みましたが、あと何年も続いていたらと思うと、どうなっていたかわかりません。(私の退職理由とは関係ないですし、半年かけて脱毛症も無事治りました。)

心身ともに病んでしまうような状況であれば、会社のことより、自分自身を1番に優先してください。

あなた一人がいなくなっても会社は回ります。

あなたが会社を辞めても、社内では1週間もたたないうちに名前も出てくることもなくなるでしょう。

関わってきた数人に、なんと思われようが気にすることではありません。

自分自身で退職を言い出せないのであれば、退職代行サービスを利用することは全く問題ありませんし、むしろ利用すべきです。

時間がもったいないから

退職を拒まれて、どうしても受け入れてもらえないのであれば、その時点で退職代行を検討するべきです。

退職できずに、やりがいもなく仕事をしていたり、変な気を使って職場にいることは時間の無駄です。

そして、何より無駄なキャリアは人材価値を急落させます。

転職活動では、若さはものすごく重要です。
早くに活動することで内定を獲得するのに有意になります。

中途採用を募集する会社の観点として、能力の有無の他に
年齢(若さ)を重要視するのは
・吸収力の良さ
・長く会社で活躍してもらえるか

を判断基準にしているためです。

中途採用は会社によりますが基本的には何月からでも入社できます。
早く退職し新しい環境で働くことは、大きなメリットとなります。

これから転職を検討する方、転職の全体的なスケジュール感や流れについて知りたい方はこの記事が参考になります。戦略的に転職活動しましょう!

【転職の進め方】転職活動の準備期間はどれくらい?スケジュールを把握
これから転職を考えている方は、まず転職活動の全体感を把握しておきましょう!この記事を読むことで転職活動の全体感を抑えることができ、ゴールから逆算してスケジュールを立てられるので、より計画的に転職活動を進めていくことができます。

退職代行を使う人は何も気にしないで!

退職代行を使う理由は人によって異なります。

・ブラック企業で言い出せないだから
・もう1日も出勤出来ないこと疲弊している
・退職を切り出してもすぐに辞めさせてもらえない

「そんなことで退職代行を使うの?」と他人から言われても気にしなくて大丈夫です。
会社の付き合いしかない人に自分のことをわかってもらう必要はありません。

「もう会うことはないんだから、さっさと辞めてしまえ。」
と、気持ちを楽にして利用すれば良いのではないでしょうか。

人によって退職代行に対する意見は様々ですが、退職代行サービスを利用することは決して非常識ではありません。
悩んでいる方こそ退職代行を利用して、新しい一歩を踏み出してください!

退職代行の詳細とおすすめ

ここまで読まれて、退職代行について検討しようと思われた方もいるのではないでしょうか。

退職代行とは? 利用の仕方からメリットやおすすめ等全部教えます!
こんにちは、みに丸です。今回は、仕事をどうしても辞められない時の手段である、退職代行について解説します。この記事を読めば・退職代行とは・使い方の手順・利用するべき人かどうか・メリット・デメリット・利用する注意点・以上を踏まえたおすすめ3社がわかります。

上記の記事では、
・退職代行とは
・使い方の手順
・利用するべき人かどうか
・メリット・デメリット
・利用する注意点
・以上を踏まえたおすすめ3社

について全てわかるように解説しています。
あわせて、読んでみてください。

結論として、弁護士も監修にいる労働組合で、値段も低価格な『退職代行Jobs』をおすすめしています。

退職Jobsはこちらから

みなさんが、新しい仕事先で活躍できますように。
では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました