【20代の転職】何がしたいかわからない人の仕事の見つけ方

仕事・転職の悩み

就職したけど、今の仕事はやりたい仕事じゃないかも。

仕事をしてわかったけど、本当にしたい仕事じゃない。
でも自分が何をしたいかは分からない。
自分が何をしたいのか整理する方法を教えて!

こんにちは!みに丸です。

自分の希望通りの会社に入って、いざ働きだすと、

「あれ?こんな仕事がしたかったわけじゃない……。」と思うことがありますよね。

入社当初は仕事に慣れるのに必死でしたが、いろんな経験をしていくうちにモヤモヤと思い始めます。

私も20代半ばまで自分が何を仕事にしたいのかぼんやりしていました。

この記事では、私の経験も踏まえつつ、“やりたい仕事を見つける方法”を解説していきます。

若いうちからやりたいことを見つけている人はほとんどいません。

でも、やりたい仕事を早いうちに見つけておくメリットは大きいです。

この記事を読んでわかること

・転職したいけど何がしたいかわからない理由
・何がしたいかわからないときの対処法
・やりたい仕事を考えるときの注意点

まずはこの記事を読んで、行動しないと始まりません。

「今のあなたに向いている仕事」「やりたい仕事」を見つける参考にしてみてください。

それでは、本題に入ります!

「何がしたいかわからない」は普通

実は、20代という若さで自分のやりたいことが見つかっている人は多くないんです。

ここでは、以下の2点について解説します。

・20代でやりたい仕事が見つからないのは普通
・でも、20代のうちに見つけておくべき

20代でやりたい仕事が見つからないのは普通

「新卒で入社した会社が天職だった!」なんて言っている人は、あなたの周りにいますか。

大半の人は「こんな仕事がしたかったわけじゃないのに」と思っているはずです。

実は、30歳や40歳になっても自分のやりたい仕事がわかっていない人はたくさんいます。

就職氷河期世代の転職における課題・不満

(出典:Indeed Japan

上記は氷河期世代である、現在(2021年)の年齢が40代前後の方にとったアンケート結果です。

調査結果によると、

「やりたい仕事が見つからない」が29.3%
「どんな仕事が自分に合うのかわからない」が27.4%

という結果です。

これらは、少しニュアンスは異なりますが今回のテーマである『何がしたいかわからない』とほぼ同じ意味合いと言ってもいいのではないでしょうか。

40代前後の転職を考えている人でも『何がしたいかわからない』という悩みを抱えている方が約6割を占めています。

つまり、仕事で何がしたいかわからないと悩むのは特別なことではありません!!

20代のうちにやりたい仕事を見つけておく

さらに、30歳を過ぎると家庭を持ち始める人も増えてくるので、自分のやりたい仕事にこだわる余裕がないのが現実です。

また、年を重ねるほど、未経験の業界職種への転職は格段にむずかしくなります。

なぜなら、30代になると会社は即戦力となる人材を求めるから。

そのため、自分のやりたい仕事を探すのは20代の若いうちがいいんです。

でないと、ダラダラ歳をとって、やりたくない仕事をするしかない30代、40代へとなってしまいます。

「何がしたいかわからない」6つの原因

次に、どんな仕事がしたいのかわからない原因について解説します。

やりたいことが見つからず、何をすればいいかわからない原因は何なのでしょうか?

次の項目から考えられる原因をいくつか挙げています。

あなたも今の自分の状態と照らし合わせてみてください。

自分を見つめ直す時間をとっていないから

やりたいことが見つからないのは、現在の自分、そして将来の自分を見つめ直す時間が取れていないせいかもしれません。

日々の仕事や家事に追われて、自分の心境や環境の変化に気づかない状況になっていませんか。

そのような状態で自分が何をしたいのかを考えても、なかなか答えを見つけられないでしょう。

一度、自分のことをじっくり考える時間を作ることが大切です。

他の仕事の表面的な部分に目移りしているから

さまざまな仕事のいい面だけをみて、目移りしていませんか。

入社したばかりの頃は、ただひたすら目の前の仕事を黙々とこなすことができました。

他にどんな仕事があるのかを知らないからです。

そして、経験を重ねるうちに、「良さそうな仕事」「楽しそうな仕事」と思えるものが増えていき、「本当は何をしたいのか」悩むようになっていきます。

ただ、隣の芝は青く見えるように「良さそうな仕事」の表面的な部分だけを見て判断している危険が十分にあります。

「本当にやりたいことか」を判断するためには、業界や職種をさらに研究することで、自分が本当にしたいか検討することが大切ですね。

やりたいことのハードルが高すぎるから

そもそも「やりたいこと」のハードルを上げすぎていませんか。

年齢や時間、お金、環境などの条件が厳しい、気軽に始められないことを目指していませんか。

やりたいことがすぐに実現できない場合は、ゴールから逆算して簡単な目標から始められないかを考えることをおすすめします。

例えば、年収500万円の人がいきなり年収1000万円を転職で狙うのはむずかしいですが、年収の上がり幅が大きい会社に転職して、スキルも積むことができれば5年後には目標の年収を実現できるかもしれません。

まずは比較的容易に始められるような、あなたにとってハードルの低いことを見つけましょう。

無理せず、少しずつ積み上げていこう。

人と自分を比べてしまうから

自分のやりたいことがせっかく見つかっても、周囲の目を気にして断念するケースがあります。

あるいは人と自分を比べすぎて、劣等感からやりたいことを悩む人もいるでしょう。

また、最近ではSNSやYouTubeが普及し、自分のやりたいことをやっている人や、キラキラした生活をしている人を見ることが多くなりました。

そして同時に、私たち自身の身の回りにも、やりたいことを実現できる環境が増えているように感じます。

このような環境は、「自分が本当にしたいことは何なのか」という迷いや焦り、後悔につながります。

あなたにも当てはまるところがあれば、自分がやりたいことを今一度考えてみましょう。もしかすると人に影響されて、本当にやりたいことを見失っているのかもしれません。

他人は他人だと割り切り、人と比較してではなく自分がやりたいことのみに絞ってみましょう。

一人で悩みすぎているから

やりたいことを考えるとき、自分だけで悩んでしまっていませんか?

あなたのやりたいことを見出せるのは、周りの人の中にもいるかもしれません。

例えば家族や友人に今の気持ちを相談してみましょう。

そうすることで、やりたいことを見つけるための助言をもらえるかもしれません。

自分の考えを人に話すと、考えていることを整理できるよ!

自分の強みやできることをわかっていないから

自分の強みや自分のできることを自身でわかっていない人は、なかなかやりたいことが見つかりません。

「自分がしたい仕事が見つからない」のは、

・自分がどんな仕事なら夢中で取り組めるか
・どんなことなら他の人より継続して努力できるか

が分からないということです。

つまり、自分ができることはやりたい仕事の選択肢になり得るんです。

しかし、自分自身がわかっていないと選択肢を捨ててしまっていることに……。

「何がしたいかわからない」7つの解決策

やりたい仕事が見つからないときの解決策を教えます。

以下に紹介する方法をおこなったうえで、やりたい仕事やできる仕事を紙に書き出しましょう。

どんなに些細なことでもかまいません。

自分の考えをアウトプットし続けることで、心の底からやりたいことが見えてきます。

それでは、順番にみていきます。

なぜ転職したいのか改めて考える

「なぜ転職したいと思ったか」を再度考えることで、やりたい仕事が見つかる場合があります。

「今の仕事がつまらないから」という方は「なぜつまらないのか」を、「今の仕事がつらいから」という方は「具体的に何がつらいのか」を考えてみましょう。

出てきた答えに対し、さらに深掘りすることで、転職理由やりたい仕事が見えてくる可能性があります。

たとえば、今の仕事がつまらない理由が「日々の刺激が少ないから」なのであれば、臨機応変な対応が求められる、ルーティンワークの少ない仕事を探してみると良いでしょう。

また、「評価されないから」という理由であれば、仕事内容ではなく評価制度やインセンティブに注目して転職先を探すべきであることが分かります。

20代であれば、今の業界に全く興味がもてないという方も中にはいらっしゃるでしょう。

後ほど紹介する業界・職種研究をしっかりすることをおすすめします。

困ったときは友人や家族、プロに頼る

自分一人で転職理由を深掘りしていくのが難しいという人は、友人に「なんで転職したいのか」話してみるといいでしょう。

転職エージェントを活用してキャリアアドバイザーに相談することもおすすめです。あなたの希望と経歴・スキルをもとに今後のキャリアプランまで提案してくれるので、自分では思いつかなかった仕事にたどり着けるかもしれません。

客観的な視点を取り入れつつ進めていけば、徐々にやりたい仕事が見えてくるはずです。

20代のおすすめ転職エージェントはこちら。

業界や職種を研究して選択肢をつくる

実際にやってみたい仕事に就くと、どんな生活を送ることになるのかイメージできる必要があります。

そのためには、業界研究・職種研究が大切になります。

業界や職種は、どうしても自分や身近な人の経験・知識をもとにしたり、なんとなく知っている、知名度が高いなど「聞いたことのある会社」の中から探しがちです。

その結果、入社後しっくりこなかったと悩む人も多いようです。

逆に、「合わなそう」「得意じゃない」と、先入観だけで候補から排除してしまうのもチャンスを逃すことになりかねません。

自分の思い込みや今ある知識の中だけで判断して、視野を狭めていないでしょうか?

まずは視野を広く持って、どのような業界や職種があるかを調べてみること。

イメージだけにとらわれず、世の中にあるさまざまな仕事を知ることが大きな一歩になります。

興味のある仕事について

・何に魅力を感じているのか
・その仕事の困難な一面は何か
・今の自分でもできそうか
・稼げる業界職種か

といったさまざまな観点から、自分のしたい仕事の選択肢になり得るのか考えましょう。

自分を定期的に見つめ直す

定期的に「自己分析」をしていますか?

「自己分析」というとハードルが高く感じられるかもしれませんが、自分が普段仕事に抱いている不満やうれしかったこと、得意なこと、大切にしていることにスポットを当ててみましょう。

「学生時代に自己分析を終えた!」という人も、考えは徐々に変わっていくものです。

自分の考えをアップデートする時間を作ることをおすすめします。

自分の強みからできる仕事を見つける

「好きなこと」「やりたいこと」が思い浮かばないという人は、日ごろの業務で得意なことや仕事中の気持ちを探ってみましょう。

「やりたい仕事を見つけること」だけに気を取られず、「できること」「苦ではないこと」がやりたい仕事につながる可能性も大いにあることも忘れないでください。

例えば、

・誰からも何も言われてないのに継続できた
・コミュニケーションが得意で営業の成績がいい
・人より文章を読むのが得意だ

このようなことがあなたの強みの可能性が高いです。

強みからどのような仕事なら自分ができるのかを書き出しましょう。

 

そんなこと言われても、強みなんて思い浮かばない……。

そうなんです。自分の強みは客観的にわかりにくいものなんです。

そんな時にはこのようなツールを使ってみましょう!



転職サイト「ミイダス」に無料登録することで、自分の強みや個性を診断できます。

転職サイトと聞くと、じゃあ転職に興味ない人は意味無いのかと思いきや、すごく客観的に診断されるので、実は転職に興味がない人でも使えます!

・無料登録してミイダスの質問に答えるだけ!
・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。
・今求められているスキルや経験だけを質問するのでとても効率的。
・その人のキャリアに応じて、質問事項を変えるのでとても正確。

ミイダスで診断する

身に付けたいスキルから選択肢をつくる

転職を考えている人の中には、「一生働ける会社を探さなければ」と慎重になりすぎて、なかなか踏みだせない人がいます。

しかし、自分が「一生この会社、この仕事で働くんだ!」と決意して入社しても、経営環境の変化によって、数年後にはまったく違う事業を展開する会社になっていたり、異動によって別の業務に携わっていることもありえます。

もしかすると、倒産して転職せざるを得ない状況に陥ってしまうかもしれません。

そうなってしまった時に困らないよう、仕事や会社を軸に転職先を選ぶのではなく、

「自分が身に付けるべきスキルは何か」を軸に、それが叶う転職先を探してみましょう。

嫌な仕事ややりたくない仕事を選択肢から消す

「やりたい仕事を見つけたい人」の多くは、人生を後悔しないためではないでしょうか?

「どんな人生にしたいか?」を考えることが大切であり、大半の人は「後悔がなく、充実した人生を送りたい」と思っているんじゃないですか?

だからこそ、あなたの人生から嫌いな選択肢を除くべきです。

なぜなら、後悔する原因の大半は嫌いなことを我慢している状況になっているからです。

苦手や嫌いな仕事を消すことで、やりたい仕事の選択肢を絞っていく方法があることを覚えておいてください。

求人情報を見る

転職サイトや転職エージェントに登録して、いろいろな業界の求人情報や必須条件を知るだけでも、やりたい仕事を見つけるための第一歩になります。

自己理解が深まっていない状態では「知っている会社だから」「条件がよいから」「興味のある商品だから」と、表面的な情報にとらわれ、本来やりたいことから遠ざかってしまうので、これまで紹介したことを実行しつつどんな会社があるのかをみることをおすすめします。

興味が持てるのであれば、応募を考えましょう。

「何がしたいか」を考えるときの注意点

「何がしたいか」という観点で仕事を探すのは良いことですが、それだけに注目し過ぎてしまうと重要な点を見落としてしまう恐れがあります。

せっかくやりたい仕事に就職できたのに、また転職を繰り返してしまうことがないよう、以下に気をつけましょう。

・将来なりたい自分から逆算
・好きなことを仕事にするのは危険
・労働条件や職場環境も重要

将来なりたい自分から逆算

目先の「やりたい仕事かどうか」という観点だけでなく、長期的に見て「将来なりたい自分になれるか」という観点も転職先選びには重要です。

・管理職になれるかどうか
・産休や育休を取得しても昇進できるかどうか
・女性が活躍している職場か

といった条件は、将来のキャリアに大きくかかわります。

やりたい仕事に転職しても、なりたい自分を実現できなければ、せっかくのモチベーションが下がってしまう恐れも。

将来のビジョンをイメージし、それが叶うかどうか職場の風潮や制度をあらかじめ確認しておくのが良いでしょう。

好きなことを仕事にするのは危険!?

好きなことを仕事にできるのは幸せなことですが、一方で「仕事にしたことで嫌いになってしまった」という例も少なくありません。仕事は良いことばかりではなく、厳しいことや苦労することも起きます。

そういった場面に直面した際に「プロ」として業務をやり遂げられなければ、好きなことを仕事にするのは難しいでしょう。

あくまでも趣味や遊びの範囲で好きなことを楽しみたいという方は、仕事の選び方を見直すことをおすすめします。

また、好きなことを仕事にすると決めた方は、プロとして報酬を得るためにどんな局面でも乗り越える覚悟が必要です。

労働条件や職場環境も重要

やりたいことを実現できるからといって、その企業の労働条件や職場環境のチェックがテキトーだと、転職を失敗してしまいます。

「長く働き続けられる環境か」を忘れずに確認しましょう。

給与や休暇、人間関係もチェックしておく

生活が苦しくなったり、ストレスを抱えてしまったりしては仕事も台無しです。

求人サイトや企業ホームページを閲覧するほか、内定者面談などの機会がある企業も多いので、職場の内情もリサーチしましょう。

深く悩まずやってみることが大切

ここまで、細かく解説してきましたが、結局のところ「何をすればいいかわからない」ときは、まず何でもいいからやってみることをおすすめします。

なぜなら悩みすぎても答えが出ないことも多いからです。

調べることも、書き出すことも、転職活動することも、正直めんどくさいですよね。

しかし、現状を変えるためには自ら動くしかありません。

うまくいかなかったり失敗したりしても気にしすぎず、どんどん挑戦してみましょう。

挑戦や失敗を繰り返すうちに、自分が本当にやりたいことが見つかる可能性があります。

20代にはまだまだ先があるんです。

今回紹介したことをヒントに、長い人生の中で時間をかけて、やりたいことを見つけていきましょう。

では、また!

自分に合う仕事を探そう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました