公務員と民間企業どっちがいい?元公務員が就活生へ伝える判断基準

仕事・転職の悩み

公務員と民間企業のどっちに就職するか迷ってる……。

なんとなく公務員が楽して稼げそう
したいことがなくて公務員と民間企業で迷う
公務員は安定だから間違いない

こんにちは、元公務員のみに丸です。

就活を迎える大学生さん。上記のような悩みを抱えていませんか?

将来を考えれば考えるほど悩みますよね。

この記事では、公務員と民間企業のどっちに就職すべきか悩んでいる人へ、両者の違いやどちらを選ぶべきか判断基準を解説します。

先にこの記事の結論を言うと、「あなたの価値観で判断するべき」となります。

公務員と民間どちらに就職すべきかは、人それぞれ価値観によって異なるからです。

卒業から35年をどう過ごすのかはあなた次第であり、公務員と民間のどちらが向いているのかは、性格や考え方、就職してからどのように働いていきたいかなどによって変わります。

自分の価値観を考えずに、「安定でラクそうだしなんとなく公務員でいいか」「周りはみんな民間企業だから私も同じにしよう」などと決めてしまうと、その道が自分に合わなかったときに辛い思いを必ずします。

だからこそ自分が何を大切にし、どのように生きていきたいのかをよく考え、決める必要があります。

とはいえ、基準もなく選ぶのはむずかしいと思います。

公務員と民間企業のそれぞれの特徴を踏まえながら、就職先の選び方を解説していきます!

県庁から国家公務員を経て、民間企業を転職した私の経験談や考えについても触れていきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

自分と向き合うことで、どちらに就職すべきか見えてきます。

両者の違いを明確にし、自分の価値観と照らし合わせて考えてみましょう。

公務員と民間を選ぶための判断基準

まずは、公務員が向いている人民間企業が向いている人に分けて、それぞれの価値観や考え方をご紹介します。

公務員と民間でどちらが優れているといったことはありません。

すべてはその人の価値観次第です。

あなたが人生において何を優先したいかによって、どちらを選ぶべきか変わっていきます。

もちろん年収や待遇をベースに決めるのも否定しませんが、価値観をベースに考えていくと、より我慢せずに長く働くことができるでしょう。

公務員に向いている人の価値観

まずは、公務員が向いている人の考え方をみていきましょう。

・国や国民のために働きたい
・社会的地位や信頼がほしい
・有給休暇や福利厚生をしっかり使いたい
・安定した生活を送りたい
・仕事は収入を得る手段でやりがいは求めない
・収入はほどほどにプライベートを優先する

上記の価値観を持っている方は、民間よりも公務員のほうがおすすめ。

仕事を稼ぐための手段として割り切れる人には、公務員はかなり向いています。

公務員は、国や地方公共団体の職員として国民のために働き、営利活動を目的としない職業です。

そのため「人の役に立ちたい!」といったボランティア精神がなければ、長く働くのは辛いかもしれません。

また有給や産休などもしっかりと利用でき、社会的な地位や信頼も得やすい利点から、家族や親戚からの評判を良くしたい人にもおすすめです。

また、公務員は残業がない部署もあれば、忙しい部署もあります。むしろ民間企業以上の残業を強いられている場合もあります。

コロナ禍でもテレワークできずに、残業が150時間を超えている霞ヶ関の職員を多く知っています。

とはいえ、地方公務員で忙しくない部署に当たれば、定時上がりで土日は必ず休めて、プライベートを充実させることもできるかもしれません。

民間に向いている人の価値観

続いて民間企業が向いている人の考え方をご紹介しましょう。

・自分が出した成果に見合った評価をされたい
・個人の裁量が大きい会社で働きたい
・副業しながら将来のステップアップを目指したい
・長い人生、忙しくても仕事を充実させたい
・仕事でスキルや専門性を高めたい
・全国の転勤があっても大丈夫

上記の価値観を持っている方は、公務員よりも民間の方がおすすめ。

民間は仕事によって生活や人生における満足度を上げたい人に合っています。

民間企業は営利目的で活動しているため、利益を追求することにやりがいを感じる人にもおすすめです。

さらに、公務員のように徹底的なトップダウンではないため、仕事の自由度が高いです。

また、公務員の場合は副業が禁じられていますが、民間企業では副業を解禁しているところも増えています。

そのため、副業で将来のステップアップを図りたいと考えている人も、民間企業が向いているといえるでしょう。

日系大手企業だと公務員に近い

注意点として、民間でも日系大手企業だと公務員に近い環境です。
(もちろん業界や企業による部分はあります)

・年功序列の給与体系
・福利厚生が整っている
・社内の調整や手続きが多い

日系大手企業の特徴

よりやりがい面・給与面(インセンティブなど)を考えるなら、民間企業の中でもベンチャー企業でしょう。

・成果主義の色が濃い
・行う業務の幅が広く、スピード感がある
・スキルアップの転職が普通

ベンチャー企業の特徴

色々な点を踏まえた上で、自分の価値観重視で決めましょう。

公務員と民間の違いとは?

ここからは公務員と民間企業の違いについて、具体的にご説明いたします。

ここでは、

・仕事内容の違い
・給料の違い
・採用方法の違い

について、ざっくり解説します。
順番に見ていきましょう。

仕事内容の違い

仕事内容は、公務員と民間企業では大きく異なります。

そもそも公務員は、県庁や市役所などの地方自治体に勤める「地方公務員」と、裁判所や国会などの国家機関に勤める「国家公務員」に分けられます。

地方公務員は、市役所の窓口など、市民生活と直結する仕事をしている人をイメージするかもしれませんが、窓口業務だけでなく幅広い仕事をします。

一方で、国家公務員は政策立案や国家対応など、地方公務員よりもスケールの大きい仕事を行います。

ほかにも学校などの教育機関や消防、治安などの広い範囲で国民の生活を支えるのが公務員の仕事です。

公務員は、社会のためにより平等・公平性を持って良い社会・暮らしを追求し、行政サービスを提供することを目的とする非営利的組織です。
私たちが支払う税金が活動資金(公務員の給与も含め)となっています。

・住民サービス   市役所
・上下水道       水道局
・教育         小中高の先生や職員
・道路整備       役所や事務所の職員
・警察、消防    県警察や消防官
・官僚、裁判    国家公務員の職員

一方で、民間は、モノ・サービスを提供することで自社利益を追求することを目的として活動する営利的組織です。

たとえば建設業や農業、化学工業、製造業など多岐にわたる仕事があります。

自社が得た利益や金融機関などからの借り入れ金等を活動資金として売上を伸ばし会社を成長させます。

給料の違い

次に、昇給やボーナスなど給料についてです。

前述した通り、公務員は利益が出るような仕事はできません。

そもそも「業績」という概念が存在しないことから、毎年決まった額の昇給やボーナスがあります。

公務員は『給料表』であらかじめ職務・学歴によって決定しているため、調べれば見ることができますよ。

一方で、民間企業は利益を出すことを目的として活動しているため、会社の売上が良ければ給与やボーナスが上がることが多いです。

このため公務員の基本給は高いかもしれませんが、いくら日常の仕事を頑張っても昇給やボーナスが跳ね上がることはないのです。これを「安定」として見るのか、「夢がない」と感じるのかは人ぞれぞれでしょう。

民間企業のいいところは、成果や業績を上げることで、一気に昇給することも可能なため、目に見えるカタチで自分の頑張りが感じられることといえます。

採用方法の違い

公務員になるには、公務員試験を受けて合格する必要があります。

国家公務員は国家公務員試験を、地方公務員は地方公務員試験をそれぞれ受ける必要があります。

国家公務員試験は、筆記試験、政策課題(グループワーク)、官庁訪問があります。
地方公務員試験は、一次試験が「筆記試験」で、二次試験以降に「面接試験」が課されます。

警察官や消防士、海上保安など公安系公務員に関しては、採用試験で体力試験を課す場合もあります。

公務員試験の日程が異なれば併願は可能なので、複数の公務員試験を受験することもできます。

公務員試験は、ボリュームが大きいいため早い人だと1年前から試験対策を始めます。

一方、民間の採用の場合は、まず書類選考に通過する必要があります。

インターンシップへ参加した学生には選考試験を数回免除したり、優遇されるなど企業によって選考方法は様々です。

一般的には、書類選考通過後、筆記試験(SPI試験やWEBテスト)と面接を受け、内定が決定します。

公務員試験と民間企業の就活はどっちが大変?

先ほど、採用方法について簡単ですが説明しましたが、公務員試験と民間企業の就活ってどちらの方が大変なのでしょうか。

準備時間が多くて大変なのは公務員試験です。

民間企業の就活はエントリーシートが合格したら、筆記試験や面接を受けます。筆記試験の内容はSPIなど国語や数学の一般的な範囲です。

一方で公務員試験は、国語、数学、英語、物理、化学、地理、政経、歴史など高校までに習ってきた幅広い教養科目がテストされます。

さらに、時事問題や、大学受験で勉強しなかった広範囲の試験勉強を行わなければなりません。

そして、筆記試験に合格しても民間企業の就活と同じように面接が待っています。

公務員試験のほうが試験を受けるために準備しなければならない範囲が圧倒的に広いため時間がかかります。

このような理由から、民間企業の就活よりも公務員試験のほうが大変といえるかもしれません。

とはいえ、当時就活生だった私の考えですが、民間企業のように面接の受け答えで採用を判断されると、なぜ落とされたのかがわからなかったり、人気のある企業は内定をもらうのは、就活生だった私にとってはとてもむずかしいと思いました。

しかし、公務員試験は勉強した分だけ点数として見える化されるので、コツコツ勉強することが好きだった私は公務員試験の準備に集中できました。(面接より筆記試験の比率が高い試験が多いです)

明確な活かせるスキルを持っていない場合、対策して確実に内定をもらうのは民間企業の方が大変とも言えるかもしれません。

公務員と民間の就職するメリット・デメリット

次に、公務員と民間企業それぞれに就職するメリット・デメリットをご紹介していきます。

それぞれのプラス面とマイナス面を知れば、自分の価値観を見定めるきっかけになるでしょう。

公務員に就職するメリット・デメリット

まずは公務員に就職するメリットとデメリットからみていきましょう。

・給与が安定しているから将来設計が立てやすい
・リストラされないから失業リスクがない
・退職金が必ずもらえる
・地方公務員を選べば転勤がない
・有給休暇や産休育休がとりやすい
・住宅ローンを組むときに審査に通る
・仕事にやりがいを感じない部署もある
・給与が仕事の成果にほとんど連動しない
・民間企業に転職する際に不利になる場合がある
・副業が法律で禁止されている
・部署異動があるため、スキルが身につかない

公務員は給与が景気や業績に大きく左右されず、リストラされないことから安定しており、社会的信用がある点がいいところです。

また退職金の支給も法律によって決められているため、景気が悪くても退職金はなくなりません。(年々退職金は減少傾向にありますが…)

こうした「安定」が公務員になる最大のメリットです。

一方で、利益のために行動するわけではないため、いわゆるお役所仕事にやりがいを感じない人も多くいます。

さらに公務員として働いてから民間企業に転職するのは、難易度が高くなります。

公務員は数年で部署異動が繰り返されるため、専門的なスキルが身につきにくいからです。

また民間の採用側に、仕事のスピード感や利益を追求する姿勢についていけるか心配されてしまう可能性もあるでしょう。

こうした理由から民間企業に転職する場合には不利になってしまうケースもあることを知っておきましょう。

民間企業に就職するメリット・デメリット

続いて民間企業に就職するメリットとデメリットをご説明します。

・仕事での頑張りが評価に連動する
・自分の興味のある仕事ができる
・副業OKな企業もある
・スキルや専門性の高めることができる
・業績が悪化すれば倒産やリストラの可能性がある
・総合職だと全国転勤になる可能性がある
・中小企業は安定しないため、社会的信用が低い

民間企業に就職するメリットは、自分が頑張って出した成果に見合って昇給や賞与が決まることや、自分の興味がある仕事に就けるためやりがいを感じながら働けることなどです。

またある程度の経験を積んで専門スキルを身につけることができれば、独立し起業することも可能です。

その一方で、公務員のような安定さはありません。

業績が悪化すればリストラされたり会社が倒産したりと、どんなに大きな企業に勤めていても失業するリスクがつきまといます。

そのため、企業によっては住宅ローンなどの審査が通りにくい場合もあるでしょう。

それでも公務員と民間で迷っている場合

以上のように、公務員と民間企業を選ぶ判断基準はその人の価値観であること、それぞれに向いている人や、違いなどを説明いたしました。

とはいえ、まだどちらに決めたらいいのか迷う方も多いと思います。

ここでは、自分の大切にしたい価値観のイメージがつかなかったり、どちらにするべきか決めきれない人のために別の軸で判断するための考え方や方法について紹介します。

やりたいことや将来の自分をイメージする

もしも、自分のやりたいことがなに一つ浮かばない場合には、やりたいことを見つけるために「インターンシップ」を利用して職業体験をしてみましょう。

実際にどのような仕事をしているのか、どんなところで働いているのかなどを体験すれば「この仕事は将来やりたくない」や「この仕事ならもっとやってみたい」など、自分の考えがよりハッキリしてきます。

インターンシップは公務員と民間企業のどちらもありますので、どっちに就職しようか迷っている人は両方のインターンを受けてみてください。

インターンを利用して、やりたいことや将来自分がどうなりたいのかをイメージすることが大切です。

子育てと仕事の両立を優先したい人に公務員はおすすめ

公務員は子育てと仕事を両立しやすい職です。

特に、女性にとっては子育てと社会復帰の環境はとても整っています。

その理由は以下のとおり。

・男性と同レベルの収入を得られる
・育休や産休の制度がかなり整っている
・育休からの復帰も容易で、給料が下がらない
・時短勤務などで子育てがしやすい
・女性のキャリアアップに力を入れている

民間企業だと、よく会社を選ばないと、女性はどうしても子育てのタイミングで会社を辞めないといけない場合があります。

その点、公務員の女性は上記のように家庭生活を大事にしつつ、高水準の収入を得やすいです。

客観的にみても、女性が公務員になるメリットは大きいので、1つの参考にどうぞ。

五分五分で迷っているなら民間がおすすめ

これまでにご説明してきたことを踏まえて、それでも五分五分で迷っているなら民間に就職することをおすすめします。

前述の通り公務員は国に仕える仕事で、国や国民に対する奉仕の心を持っていないと続けていくのは厳しいからです。

その点、民間ならば奉仕の気持ちがなくても利益を追求すれば、自分への評価として還元されます。

また民間に就職しておけば、「やっぱり公務員になりたい」と考えたときにも転職において不利になるケースは少ないでしょう。

「社会人枠」を用意している公務員もあり、民間企業での業務経験はプラスに働く場合も多いのです。

しかし、公務員から民間に転職する場合には、公務員で働いていた経歴がマイナスにとられてしまう可能性もあります。

こうした側面からも、特別にやりたいことがない場合には民間に就職しておくのが無難といえるでしょう。

私が公務員から民間へ転職した理由

ここでは、私が地方公務員、国家公務員を経て民間へ転職するまでの私の価値観の変化について少しご紹介します。

私は、大学生でインターンや就活を一通り経験し、大学院生の就活では、公務員だけの志望に絞ろうと考えました。

・仕事とプライベートは別々で考えたい
・特にプライベートを充実させたい
・それなりの収入と安定、地位はほしい
・やりたい仕事が見つからず、いろんな仕事を経験したい
・面接で話せる強みはないけど試験勉強は得意

公務員を受けようと思った時の私

このように考えたため、公務員試験を受けようと思ったんです。

そこから実際に公務員になって仕事に慣れてくると、だんだん視野が広くなるとともに、考え方も変わりました。

・民間の方が現場で働けて成果がよく見える
・自分のやりたいと思える仕事が見つかった
・事務作業や問い合わせ対応ばかりで楽しくない
・人生の大半である仕事をもっと楽しみたい
・副業も挑戦して公務員以上にお金を稼ぎたい
・スキルや経験を積んで専門性を高めたい

民間に転職しようと思った理由

つまり、学生時代に持っていた価値観が大きく変わったために、公務員をやめて民間企業に転職したのです。

特に、県庁の出先事務所→本庁→霞ヶ関と現場からより離れる業務を経験したことで、現場にやりがいを感じていたことがよく実感できました。

そのため、現場で成果を見ることができる民間で働きたいという思いが強くなりました。

また、私の場合「やりたい仕事が見つかる」までにかなり時間がかかってしまいました。

なるべく早い時期にハッキリ決まれば、それだけ挑戦するチャンスも増えることでしょう。

とはいえ、自分の価値観や考え方は、環境が変わったり社会経験を積むことで変わっていくものです。

そして、どれだけ将来の明確なビジョンがあっても働いてみると想像と違っていることだってあるんです。

だから、「違うな」と思った時に方向転換すればいいんです。

大事なことは、「将来どうなりたいか?」考えを定期的アップデートしていくことです。

まとめ

公務員と民間企業のどっちに就職すればいいのか迷っている人は、まだ価値観ややりたいこと、将来の自分が見えていないのだと思います。

・まずは、自分が優先したい価値観を見つける
・公務員か民間か価値観に合った方を選ぶ
・インターンシップを受けると考えが明確に
・とはいえ、なってみないと分からない
・さらに、価値観は社会経験を積むと変わっていく
・大切に考える価値観は定期的にアップデートする

この記事のまとめ

両者のメリット・デメリットや違いを理解して、自分の価値観と照らし合わせて考えてみましょう。
きっと自分のやりたい仕事、もしくは嫌じゃない仕事が見つかるはずです。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました