【転職始める人必見】転職の軸の作り方・決め方(経験者が教えます)

転職の対策

転職では、転職の軸が大切って聞いたけど詳しく教えて欲しい……。

転職の軸って何?
転職の軸の決め方を教えて
転職ってなにを大切にすればいいの?

こんにちは、みに丸です。県庁、国家公務員を経験して、民間へ転職経験のある私が、転職の軸の決め方について解説していきます。

転職の軸を設定するということは「自分が今回の転職で絶対に叶えたいことを決める」ということです。

この「転職の軸」の設定をしっかりしないと、転職を失敗してしまう可能性が高いです。

なぜなら、転職先の職場に何を求めて転職するかが明確になっていないため、また同じような不満が生まれてしまうからです。

そもそも、軸が明確になっていないと書類審査や面接で落とされてしまいます。

この記事を読むことで、以下について理解が深まります。

○転職軸を整理する必要性
○転職軸の決め方
○転職の軸を決めるメリット

それでは、本題に入りましょう!

転職の軸とは

転職の軸とは、『自分自身がいま転職しなければならない、転職以外は譲れないという強い思いを相手に説明できるようにするための軸』のことです。

転職の軸を設定するということは『自分が今回の転職で絶対に叶えたいことを決める』ということです。

この転職の軸の設定をおこなわないと、転職を失敗してしまう可能性が高いです。また、軸がしっかりできていないと、不満が出てきてしまい、入社後に後悔してしまいます。

内定が貰えない
入社後に後悔する

納得してもらうためには、話の一貫性が非常に大事です。

面接では色々な質問が飛んできます。整合性が取れていないことを答えていたら怪しく思われますよね。

自身の転職の軸は必ず明確に定めておきましょう。

転職の軸の決め方(5つの手順)

転職の軸の重要性がわかったところで、軸の決め方について説明します。
以下の手順を踏むことで、簡単に決めることができます。

  1. 転職理由を明確にする
  2. 条件に変換
  3. 優先順位をつける
  4. 今の会社では難しいのか確認
  5. 転職の軸の裏付けを行う

1.転職理由を明確にする

  • 残業が多すぎる
  • 年収をUPさせたい
  • 成長業界で働き、自分の市場価値を上げたい
  • やりがいのある仕事がしたい
  • 上司のパワハラがきつい

転職したい理由は、人によってそれぞれ違います。
まずは、思い当たるものを書き出す作業から行いましょう。

転職理由の作り方についてはこちらで細かく解説しています。

転職理由は「スキルアップの為」と答えて良い?書き方や回答例を解説
転職理由の上手な書き方を教えて!スキルアップややりがいのある仕事がしたいってどう伝えればいい?キャリアアップの為に転職したいって伝えていい?『転職理由』をしっかりと答えることができますか?転職理由の書き方について解説します。

2.条件に変換

まずは転職理由から求める条件へと変換しましょう。

  • ライフワークバランスが整った企業
  • 年収が今より高い企業
  • 市場価値を高められる成長期業
  • やりがいをもてる興味のある業界
  • ホワイト企業

上記のように職場に求める条件に変換しましょう。

建前と混同しない

会社を転職する際、以前の会社の嫌な部分を改善したい場合が多いです。
例えば、休みが少なかった、給料が低かった、残業が多かった等。
・ライフワークバランスが取れているから
・給料を上がるから
と言った本音を志望動機では伝えないようにしましょう。

万が一、面接官から言われた場合は、

『ライフワークバランス』
・時間を確保できることで自己研鑽したい
・家族との時間を大切にしたい
『給料』
・給料だけが転職の軸ではないが、自分の市場価値を計る指標として重要だと考える

といったように、うまく逃げましょう!

3.優先順位をつける

どうしても譲れない点妥協できる点を明確にすることで、自分の中で譲れない軸ができます。

4.今の会社では難しいのか確認

転職の軸ができたら、転職しないと実現できないことなのか、今一度確認してみましょう。

パワハラのない会社に転職したいことが一番の優先事項である場合、社内の人事に相談し、異動希望を出すことで叶えられるかもしれません。
まずは、社内でどうにかできる場合は、改善できないか今一度振り返る方が良いでしょう。

5.転職の軸の裏付けを行う

最後に、その転職の軸がなぜ自分にとって大切なのか言えるようにしましょう。
面接では、答えたことに対して、どうして?なぜ?と深掘りしてくる質問をしてくることでしょう。

そのため、しっかりと話せるように落とし込んでおく必要があります。

(例)私は○○のまちづくりの仕事をしたいと考え、県庁に就職しましたが、これまで事業を通して様々な人と協力し、○○のお仕事にさらに興味を持ちました。
今後、昇格すると局を跨いで異動しなければならず、全く異なる業務につかなくてはいけません。このタイミングで転職し、○○職としての専門性をどうしても身につけたいと考えています。

ポジティブな裏付けを意識する

なぜ前の会社を辞めようと思ったか?等、ネガティブな言葉が出てきそうな場面です。
また、面接官もネガティブな要素を引き出そうとしてきます。
ここでは前の会社のネガティブな内容については絶対話しません。

  • これからこういう仕事をしたい。
  • こういう価値感を大切にして生きていきたい。
  • だからこそ、前の会社も素晴らしいですが、御社の転職が自分に合っている。

という流れで伝えましょう。
会社の優劣ではなく、自分にとって合っていることを基準にして話しましょう。

転職サポート受けながら活動を始める

転職活動を行っていくうえで、オススメのサービスが「転職サイト」「転職エージェント」です。

まずは、転職サイトを一つ登録して、転職情報を得るところから始めましょう。

転職エージェントとは

転職エージェントは転職サイトよりもサポート面で充実している転職サービスです。

求人紹介から、履歴書・職務経歴書の作成サポート、面接対策、応募企業への各種調整を全て無料で行ってくれます。

転職全般に関わることを無料でサポートしてくれますので、特に転職初心者の人には、かなりオススメのサービスとなっています。

転職サイトとエージェントが備わっているdodaは登録することで、求人情報をみることができるだけでなく、転職エージェントとしてのサービスも受けることができるので便利なので一つ登録しておくのであればおすすめします。

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

また、私はこのブログで、転職エージェントを積極的に使っていくことをおすすめしています。

以下の記事には、転職エージェントのメリットとデメリットを細かく分析し、どうやって使っていくべきかをまとめています。
よかったら読んで参考にしてみてください!

転職エージェントのメリットとデメリット(ここに注意して使おう)
そもそも転職エージェントってなに?年収の交渉してくれるの?悪い噂も聞くけど、本当に大丈夫?といった、悩みに対して、今回は解説していきたいと思います。この記事を読むことで転職エージェントのメリットとデメリットと注意点がわかります。

まとめ

今回は、転職の軸の決め方について解説していきました。

転職の軸とは
『自分が今回の転職で絶対に叶えたいことを決める』ということ。

転職の軸の決め方(5つの手順)
1.転職理由を明確にする
2.条件に変換
3.優先順位をつける
4.今の会社では難しいのか確認
5.転職の軸の裏付けを行う

転職サポート受けながら活動を始める
転職エージェントを使って、うまくサポートを受けながら転職活動しましょう。

いかがでしたでしょうか。
転職の軸をしっかり決めれば、会社を見つけやすくなりますし、その後の書類選考や面接でも、明確な意思をしっかり伝えることができます。

まずは、最初の一歩です。丁寧に進めていきましょう。

書類選考や面接で聞かれる選考のポイントについて以下の記事で紹介してるよ!
早い段階で、ポイントを抑えておこう。

【転職】面接対策!この流れを絶対抑えておけ。(経験者が教えます)
面接って何聞かれるの?面接の流れが知りたい。もうすぐ面接だけど、自分のイメージと合っているか確認しておきたい。こんにちは、みに丸です!今回は、上記のような悩みに対して、転職での面接の流れを解説しております。面接前に確認しておきましょう。
転職の対策
スポンサー
シェアする
みに丸をフォローする
みに丸

県庁職員・国家公務員を経験した後、大手企業へ転職。
このブログは、元公務員の私が真剣にキャリアと向き合ってきた経験や多くの書籍を参考に、転職のノウハウや情報を発信しています。

みに丸をフォローする
みに丸転職

コメント

タイトルとURLをコピーしました