【転職活動の最後】オファー面談で失敗しない質問事項と注意点

転職の対策

内定もらえたけど、失敗しないためにも内定後の面談ついて教えて!

オファー面談でどのように対応したらいいかわからない
内定後の面談で労働条件面ついてどこまで聞けるか知りたい
内定承諾前に確認しておきたい事項を教えて

こんにちは!みに丸です。
今回は、上記のような疑問や不安をお持ちの方に“オファー面談”について解説していきます!

私は、国家公務員から民間へ転職経験があり、これまで多くの大手企業やベンチャー企業を受けてきました。倍率が高く難しいとされる大手企業から内定をもらえた経験を元にこの記事を書いております。

オファー面談は、内定を承諾する前の最後の重要なイベントです。

これまでの努力が実って嬉しくなり、すぐに内定を承諾してしまいたいところですが、条件確認を怠ってしまうと、入社後にミスマッチに気づき、後悔や失敗につながってしまいます。

そこで、今回はオファー面談で「確認すべき質問事項やポイント」を知り、最後まで気を抜かずに、転職活動を成功で終えましょう!
この記事を読むことで、

・転職活動のオファー面談とは
・オファー面談の流れや注意点
・転職で失敗しないオファー面談の確認事項

がわかります。
特に、注意点や質問・確認すべき事項は本当に重要なところを凝縮したので、丁寧に読んでいただければと思います。

それでは、本題に入ります。

オファー面談とは


「オファー面談」とは、企業が内定者と入社にあたっての契約をするために、入社意志や雇用条件などを事前に確認する面談です。

「条件面談」「内定者面談」「入社確認面談」ともいわれます。

「オファー面談」は選考ではなく、お互いの最終的な確認の場であるため、緊張しなくても大丈夫ですが、オファー面談で入社後のミスマッチを回避するためにも、きちんと準備を行いましょう。

オファー面談の目的

オファー面談は、主に以下の2つの目的があります。

・条件の交渉
・疑問の解消

条件の交渉

採用にあたっての給与や勤務条件などの交渉を行う機会になります。

オファー面談がある場合、事前に労働条件通知書が送付されるのが一般的です。

企業が提示する労働条件と内定者の要望のすり合わせを行うため、内定者側が給与や業務内容について条件交渉する場にもなります。

企業からオファー面談の連絡がない場合、内定者がその機会を設けるように依頼することもできます。

疑問の解消

入社するか決める前の、内定者が疑問を解消する最後の機会でもあります。

オファー面談の際には、配属部署の上司やメンバーを紹介されるので、入社後の仕事内容や働き方や福利厚生、職場環境など、内定者が感じている疑問や不安を解消することができます。

具体的な内容については後ほど解説しますが、入社後のミスマッチを避けるためにも、自分が譲れない条件を明確にしたうえで、質問を準備しておくことがポイントです。

オファー面談の流れ

一般的なオファー面談は以下の3ステップです。

1. 企業からの内定通知

転職エージェントを利用している場合は、転職エージェントを通じて連絡が来ます。

内定通知の段階で、労働条件通知書が送られてくる場合が多いです。
もらっていない場合は、一度確認してみましょう。

オファー面談前になるべく情報を得て、質問を準備します。

2. オファー面談

オファー面談がある場合は、企業によってはこのタイミングで労働条件通知書を提示されることもあります。

面談してくれる人も仕事の時間を割いてセッティングしてくれています。
基本的には1回しか行わないと思っておきましょう。

3. 内定承諾するか期日までに回答

内定をもらってから1週間以内に返事することが望ましいです。
場合によっては、面談時に内定承諾することもOK!

オファー面談の注意点

オファー面談前に知っておきたい注意点を紹介します。

内定が取り消されることはほぼない

オファー面談によって内定が取り消されることはほぼありません。

企業が内定通知を送った時点から、企業は内定者に対して雇用責任を負うからです。

内定者が虚偽の申告をしていない限り、企業側から一方的に内定を取り消すことはできません。

そのため、双方が納得する雇用条件について確認することが大事です。
内定者も失礼のない範囲でわからないことを聞きましょう。

オファー面談がないこともある

オファー面談がない企業もあります。

書類での手続きだけの企業もありますが、労働条件通知書にすべての雇用条件が明記されているとは限りません。

疑問がある場合には、内定者は転職エージェントを通じて質問したり、企業にオファー面談を求めるべきです。

契約を交わした後で雇用条件を変えるのは難しいので、きちんと労働条件通知書に目を通し、事前に提示された内容と相違がないかを確認することをおすすめします。

他社の内定は隠さない

他社からも内定をもらっている際には隠す必要はありません。

複数の企業から内定を得ていて、自分の本命企業が明確でない場合は、オファー面談を受けてから最終決定を行う方がよいでしょう。

内定者に対し、他社からも引き合いがきていることを知り、より熱心にアプローチする企業もあるはずです。
場合によっては、オファー面談での年収交渉の材料になります。

とはいえ、他社の年収の金額などは伝えても、細かい内容や今の心境など不要な情報は話さなくていいでしょう。

内定承諾回答の期限延長について

オファーの回答期限の延長については注意が必要です。

まず、回答期限が決められている理由は、内定者の囲い込みが目的です。

しかし、会社もせっかく獲得できた内定者を逃したくはないので、しっかりと自分の考えを伝えれば、回答期限を3日〜1週間程度は変更してもらうことは可能です。

オファー面談のタイミングで内定承諾を行うと、担当に喜んでもらえますが、後ほど解説する質問事項に納得できてない部分があるのであれば、面談で即答せずに、一旦持ち帰ることをおすすめします。

たとえば、以下のように伝えると比較的変更に応じてくれる場合が多いでしょう。

・他社から内定をもらっており、正直色んな観点で悩んでいるため、時間がほしい。
・他社での選考が残っていて、自分の納得感を大事にしたいので、最後まで転職活動をやりきって結論を出したい。
・今回の面談で聞けたことを整理して、納得してから返事したいので、3日ほど時間が欲しい。

オファー面談前に用意すべき質問6項目


実際にオファー面談で確認すべき事項について解説します。

年収や待遇について、すぐに聞きたいと思いますが、(私はがっつきそうになりました。)いきなりお金のことを聞かず、まずは面接のフィードバックや会社の仕事内容を聞き、仕事や入社へのモチベーションが高い姿勢を見せておいて損はありません。

あとは、打ち解けてからの方がフランクに話しやすいです。

そこで、以下の質問事項を用意することをおすすめします。
事前に労働条件通知書をもらえた場合は、どのような記載になっているのかもオファー面談までに確認しておきましょう。

私が、実際に質問した大まかな流れに沿って解説します!

・面接のフィードバック
・仕事内容や会社について
・職場や社員の雰囲気
・役職やキャリアプラン
・労働条件や福利厚生など
・年収と評価制度

少しでも自分の入社後のリスクやミスマッチをなくすつもりで臨むことが大事!

面接のフィードバック

1つ目は、自分がなぜ内定を貰えたのか、面接で何を評価してくれたかフィードバックを聞くことです。

ポイントは、以下の2つ。

・企業が自分に何を期待しているのかを知る
・転職活動での自分の評価や市場価値を知る

まず、企業が自分に何を期待しているかを知ることは重要です。

そして、自分のやりたい仕事や自分が会社でどう活躍したいかと企業の期待がマッチしているか確認すべきです。

このズレは、入社後にミスマッチが起きて評価が下がってしまったり、納得のいく業務ができなかったりと、後悔につながる場合があります。

確かに、内定を取り消されてしまうのではないかと心配になってしまう気持ちもわかりますが、入社後にミスマッチしてしまうリスクの方が後々、大きい損失になるため、勇気を持って感じたことは企業側に伝えることをおすすめします。

また、転職における自分の評価ポイント、市場価値を知ることも大切です。

長い人生、転職活動がこれで終わるとも限りません。
そして、自分の市場価値を知ることは、次の転職活動の参考になるだけでなく、長期的な自分のキャリアプランの参考にしたり、給与交渉などの時にも使える武器にもなります。

仕事内容や会社について

2つ目は、自分の入社後の仕事内容、会社の事業内容や業績についてです。

入社後1年間の業務内容や携わる事業やプロジェクトの状態も一緒に確認しましょう。

具体的には以下について確認しておくと良いです。

・入社後から本格的な業務開始までの流れ
・上司や先輩との働き方
・携わる事業やプロジェクトの概要と進捗状況
・会社全体の事業や業績

入社後すぐどんな仕事をしたり、上司や職場の人とどのように関わっていくかなるべくイメージできるように確認しましょう。

また、仕事内容と合わせて会社の事業や業績にも確認しておくことをおすすめします。

特にベンチャー企業に就職する場合、1年後には会社がなくなった、急に事業が別のものに変わったなど起こる可能性は十分あります。

大企業でも、事業自体が撤退になったり、他の会社に買収されることもあります。

そのため、事前に会社の業績や事業の収支については可能な限り自分で調べ、具体的な質問をしておくことをおすすめします。

社内の内部情報だからと、お茶を濁して全く教えてくれないなら、転職自体を考え直した方が良い場合も……。

職場や社員の雰囲気

3つ目は、職場や社員の雰囲気についてです。
転職理由の多くにあるのが人間関係のトラブルだったりします。

自分が中長期的に活躍できる環境があるかを判断するために、配属先の社員と会わせてもらうようにお願いしてみることもおすすめです。

私の場合、企業からの提案もありオファー面談に公務員から転職してきた先輩社員の同席をお願いし、「実際、転職してみてどうでした?」などかなりぶっちゃけたトークをさせてもらいました。

・境遇が近い社員や同じ部署の人と話す
・職場見学させてもらう

上記のようなことができると、会社の雰囲気をよりイメージしやすくなります。

後々後悔しないように、しっかりと入社後のイメージができることが大事だね!

役職やキャリアプラン

4つ目は、自分の配属先の役職やキャリアプランについてです。

ほとんどの人は、責任のある役職をはじめから確約されていることはありません。企業側も入社後にパフォーマンスが低いリスクも考慮しているためです。

そのため、入社後活躍できるように、以下のような視点で確認してみることがおすすめです。

・自分の配属後に期待していることは何か
・同様に転職してきた人はどういった仕事でどんな成果を残したか

労働条件や福利厚生など

5つ目は、入社日・労働条件・福利厚生など雇用条件の詳細についてです。

・入社日
・残業時間や休日出勤
・有給休暇の日数や取得時期
・企業年金制度など諸々の福利厚生

まずは、前職との業務の引き継ぎなどの事情との兼ね合いもあるので、入社日を調整することをおすすめします。

そして、労働条件や働き方について細かく聞いていきましょう。

求人票や条件通知書には就業時間について明確に記載されていますが、残業については書かれていないことも多くあります。

記載があったとしても、所属予定の部署が実際どれくらいの残業時間があるのかを聞くことをおすすめします。

ここまで、話をして打ち解けて来ると「実際のところ、残業って多いんですか?」とストレートに聞ける雰囲気になってきます。

有給の取得の条件や実際に付与される日数なども現職とは条件も異なるため、確認しておくことも大事です。

仕事の忙しい時のピークと平常時で、就業時間や有休消化率、休日出勤の有無を合わせて確認すると良いでしょう。

また、福利厚生についても聞いておきましょう。特に、夏休みや企業年金制度などについても企業によって異なりますので、明確な数字を確認しておく必要があるます。

特に家庭を持っている方や女性は結構大事だったりしますよね。
オファー面談の際でないと、なかなか聞きにくい内容ですので、このタイミングできちんと確認することをおすすめします。

具体的な項目と内容はもちろんのこと、自分と近い状況の人の有給の使用状況なども聞いてみると良いでしょう。

年収と評価制度

6つ目は、年収や報酬の制度、評価制度などの経済条件に関わることについてです。
断言してもらえるような聞き方で漏れなく聞いておきましょう。

後々に「聞いていなかった!!」と驚かないように以下のようなこともきちんと確認することがおすすめです。

・給与表など給料の基準
・残業代が出るかどうか、固定残業代の場合は詳細も
・社宅、住宅補助、交通費などの手当の条件と金額
・将来のキャリアプランと推計年収の整合

年収は「根拠」と「残業代」をチェック

まず、提示された年収がなぜこの金額なのか、どういった理由で判断されたのか根拠を聞いてみましょう。

自分がどういったビジネスモデルの会社でどういった評価軸の中で市場価値が算出されるのか知ることができるため、他に内定先がある場合には他社と比較もできるでしょう。

大手の場合は、給与表を基準に給料を算定している会社も多いので、そういった詳細まで深掘りして聞きましょう。

残業代は固定なのかどうか、全額支給されるか、休日出勤の扱いはどうなっているのかなども確認しておきましょう。

「社宅」や「家賃補助」など大きい手当

また、社宅は給料と合わせて聞いておくべき重要事項です。

都内だと家賃は10万円近くの大きな固定費になります。

社宅の有無だけでなく、場所やいつ頃入居可能か、確実に支給されるかなど、仮に口約束になったとしても断言してもらうつもりで聞いておきましょう。

後々、聞いていた話と相違のないようにしておくことがポイントです。

「将来の年収」について長い目で確認

そして、最初の提示された年収も大事ですが、中長期的な自分の将来年収が最も重要です。

当然、入社後にきちんと成果を出すことは前提ですが、会社がどういった考えで人を評価するか、そして昇給をするとしたら、どれくらいの見込みがあるのか考えることは重要です。

入社後のギャップにつながりやすい部分ですので、詳細に確認するとよいでしょう。
私は、以下のような表をあらかじめ作成し、転職エージェントに事前に確認していました。


そして、オファー面談で間違っていないかを会話の中で再確認しました。

このように、転職先での年収の予測を立てながら考えてみることもおすすめです。

将来年収は残業代ありとなしの場合で把握しておくと、より具体的だね!

まとめ

今回は、オファー面談について流れやポイント、質問事項を解説しました。

『オファー面談前に用意すべき質問6項目』
①面接のフィードバック
②仕事内容や会社について
③職場や社員の雰囲気
④役職やキャリアプラン
⑤労働条件や福利厚生など
⑥年収と評価制度

オファー面談は入社後のリスクを下げ、入社後の満足度を最大限にするための大事なイベントとなります。

この記事を参考に是非、最後まで納得のいく転職活動にしてみてください。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました