転職で書類選考に通らない人!ここを押さえて(履歴書と職務経歴書の書き方)

転職の対策

なかなか書類選考に受からないんだけど、何か間違えているのかな……。

書類選考が突破できない。
書類の書き方を教えて欲しい。
履歴書と職務経歴書って書き方違うの?

こんにちは、みに丸です。
転職活動で重要なことは面接対策と思われがちですが、それ以上に、書類選考を突破するための対策を行うことが重要です。

書類選考に突破しないとスタートラインに立つことができません。

そして、応募書類にも受かる書類受からない書類があります。
この記事では、書類選考に受かる書類の書き方について説明していきます。

私は公務員からの転職を経験し、複数の会社を受け、何度もハローワークや転職エージェントに書類を確認してもらい、何度も添削と研究を重ね、大手企業に内定をもらった実績があります。

最後まで記事を読んで、書類選考に役立てていただければ幸いです。
それでは、本題に入りましょう!

転職における書類選考の通過率

一般的に書類選考の通過率は、実は15~20%程度だと言われています。
10社応募しても1、2社しか通過しないのです。 人気の職種やその時の景気によってはもっと下がることもあります。

ちなみにその後の一次面接の通過率は30%程度、さらに最終面接の通過率は50%だと言われています。
つまり、一番書類選考が通過しにくいわけで、対策をしっかり練っておけば、多くの企業を無闇に受ける必要はないのです。

それでは、具体的に、どうすれば書類選考に通過できるのでしょうか。

書類選考の通過率を上げるコツ

書類選考はここをみている

書類選考の目的足切り選抜です。

足切り

足切りでは多くの応募を全て読むことができないため、一定条件を設けて、それ以下は読まない、選考を落とします。
一定条件は、例えば、学歴や所属していた学部、留年や浪人しているなどで判別します。こればかりは、書き方ではどうにもならないです。

選抜

足切りをくぐり抜けたら、選抜です。選抜では、企業が書類を選んで通過させます。
その一つのポイントとして、書類をどういう風に扱っているのかです。

書類の抜け漏れや誤字脱字はしっかりチェックしています。

転職活動は一生に一度の大切な場ですから、誤字脱字をするということは仕事の大切な場面でも失敗をすると企業に捉えられてしまいます。

また、選抜されるためには発見されないといけません。企業にとって魅力的な経験やスキルを持っていたとしても、書けていなかったり、他に埋もれてしまうような書き方では意味がありません。

あなたが企業にとってどんな価値があるのかを売り込むような書き方をすることです。
そのためには、企業の求める人材を研究する必要があります。
企業のホームページや求人サイトで情報を入手し、求める人材に合わせて自分の経験やスキルを記載しましょう。

書類選考はここをみる

    • 足切り(ステータス)
    • 選抜(抜け漏れや誤字脱字・求める人材とアピール項目がマッチするか)

履歴書と職務経歴書のそれぞれのポイント

企業が書類の何を見ているかがわかったところで、提出する書類に合わせて具体的に対策していきましょう。
主に出すのが履歴書職務経歴書です。

履歴書はこれまでの経歴を記した書類です。
学歴や職歴、住所などを記載するわけで、書くことは決まっています。

職務経歴書はこれまでに在籍した企業で、どのような業務を経験し、どのような成果をあげてきたかを記載する書類です。

履歴書も職務経歴書もどちらも正しい情報を書く必要がありますが、職務経歴書の方が自由度が高く、より選考でアピールすることができます。

つまり、職務経歴書で受かる魅力的な書き方を知っているかが選考の合否を左右することとなります。

履歴書

PCで作成
履歴書についてよく悩むことに、手書きかPCで記載するかどっちがいいか、です。
基本的にPCで構いません。

手書きは字が汚い、見づらいなどの減点につながりますので、PCで大丈夫です。
ただし、企業から手書きで提出するよう指示がある場合は指示通り手書きで提出しましょう。

抜け漏れ・誤字脱字なく記載
そして、履歴書を書くうえで重要なポイントは漏れがなく正確に記載することです。

そんなことは、当たり前だろう、と思われた方も多いかとは思いますが、仕事をしながら、転職活動をしていると、忙しくて、チェックが疎かになってしまい、意外と見落としてしまいます。
学校や会社に在籍していた期間や細かい誤字脱字がないように、しっかりチェックしてから出すようにしてください。

貼付する写真
なぜ、写真に気をつけなければいけないかというと、採用の合否を最も左右するといっても過言ではないのが第一印象だからです。

つまり、添付されている写真の印象がいいか悪いかで採用の合否に大きく影響してきます。

まずは、明るい表情で撮ることです。
証明写真の機械で撮っていると暗い表情になってしまいますが、爽やかな笑顔で写ることが望ましいです。

また、証明写真の機械でなるべく撮ることです。
今では、最新機種のスマートフォンで撮ると、とても写りがよく見えますが、自撮り画像は避けておくべきです。

どうしてもという場合は、白い背景の前に座って、他の人に撮ってもらうようにしましょう。

履歴書の書き方

  • PCで作成
  • 抜け漏れ・誤字脱字なく記載
  • 貼付する写真は証明写真機で明るい表情で

職務経歴書

抜け漏れ・誤字脱字なく記載
人によっては、あまり重要でないプロジェクトだったし……。と全てを記載せずに職務経歴書でアピールしたい項目を抜粋して書きがちです。

しかし、これだと、経歴の中で、何も仕事をしていない時期が出てきてしまいます。

適当に作っていると思われてしまったり、何か隠していると思われないように、漏れなく職務経歴を記載していきましょう。

また、職務経歴書の枚数を2枚にすることに拘らずに、今まで経験してきたことをしっかり伝えるようにしましょう。経歴が多い場合は5、6ページに渡っても問題ありません。
ただし、無駄がないかはチェックするようにしましょう。

業務内容をわかりやすく具体的に記載
社外や異業界の人が見るわけなので、なるべく具体的に書くようにしましょう。

業務を書くだけでも、何を、どのように、どこまで、どれくらいの期間で、どのくらいの数を等、具体的に書いて、誰が見てもわかりやすい記載を心がけましょう。

一連の業務で、どんな工程を担当していたか、書かないと伝わらないよね……。相手の目線に立って書こう!

実績・成果を記載する
業務を詳細に書いたとしても、実績は伝わりません。
具体的な数字を用いて、業務の実績を具体的に書きましょう。

「実際に、○○万円の案件を○件で契約した。」
「目標は○○だったが、○○を達成し、成果率として、○○を実績としてあげられた。」
「○○の期限までに○○を契約するために、提示や、○回もの粘り強い交渉を重ねることで契約することができた。」

職務経歴書の書き方

  • 抜け漏れ・誤字脱字なく記載
  • 業務内容をわかりやすく具体的に記載
  • 実績・成果を記載

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、書類選考に受かる書類の書き方について説明していきました。

書類選考でのポイントからチェック項目を以下にまとめました。
この記事を読み終えたらすぐ、今からでもチェックしてみてください。

履歴書
□PCで作成
□抜け漏れ・誤字脱字なく記載
□貼付する写真は証明写真機で明るい表情で

職務経歴書
□抜け漏れ・誤字脱字なく記載
□業務内容をわかりやすく具体的に記載
□実績・成果を記載

でも、人の本当の魅力は直接会って話をしてみないと伝わらないものですよね。

そのためにもまずは面接まで進まなければなりません。
これらのポイントを押さえて、まずは書類選考を突破し、面接のチャンスを掴み取りましょう!!

書類選考に合格すれば、次は面接対策です。

こちらの記事は面接対策について書いてるよ。面接の流れを押さえよう!

【転職】面接対策!この流れを絶対抑えておけ。(経験者が教えます)
面接って何聞かれるの?面接の流れが知りたい。もうすぐ面接だけど、自分のイメージと合っているか確認しておきたい。こんにちは、みに丸です!今回は、上記のような悩みに対して、転職での面接の流れを解説しております。面接前に確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました