転職で書類選考に通らない人!ここを押さえて(履歴書と職務経歴書の書き方)

転職の対策

なかなか書類選考に受からないんだけど、何か間違えているのかな……。

書類選考が突破できない。
書類の書き方を教えて欲しい。
履歴書と職務経歴書って書き方違うの?

こんにちは、みに丸です。
転職活動で重要なことは面接対策と思われがちですが、それ以上に書類選考の対策を行うことが実はとても重要です。

書類選考に突破しないとスタートラインに立つことができません。

そして、応募書類にも受かる書類受からない書類があります。
この記事では、書類選考に受かる書類の書き方について説明していきます。

私は公務員からの転職を経験し、複数の会社の内定をもらった経験があります。また、選考の準備には、幾度もハローワークや転職エージェントに書類を確認してもらい、添削と研究を重ねてきました。

この記事を読んで、書類選考に役立てていただければ幸いです。
それでは、本題に入りましょう!

転職における書類選考の通過率


一般的に書類選考の通過率は、実は15~20%程度だと言われています。
10社応募しても1、2社しか通過しないのです。 人気の職種やその時の景気によってはもっと下がることもあります。

ちなみにその後の一次面接の通過率は30%程度、さらに最終面接の通過率は50%だと言われています。
つまり、一番書類選考が通過しにくいわけで、対策をしっかり練っておけば、多くの企業を無闇に受ける必要はないのです。

それでは、具体的に、どうすれば書類選考に通過できるのでしょうか。

書類選考は足切りと選抜


ここから、書類選考の通過率を上げるためのコツについて解説します。

まずは、書類選考の目的は『足切り』『選抜』の2つがあることを知っておきましょう。

足切り

『足切り』については、みなさんもご存知とは思います。

多くの応募を全て読むことができないため、一定条件(足切り)を設けて、それ以下は読まないで選考を落とします。

一定条件は、例えば、学歴や所属していた学部、留年や浪人しているなどで判別します。

足切りは書き方のテクニックではどうしようもなく、これまでの実績に左右されます。

選抜

そして、足切りをくぐり抜けたら、『選抜』があります。

選抜は、企業が書類を選んで通過させます。
書類のチェックするポイントは以下の2つ。

・書類の書き漏れや誤字脱字がないか
・求める人材に合わせて自己PRできているか

転職活動は一生に一度の大切な場ですから、誤字脱字をするということは仕事の大切な場面でも失敗をすると企業に捉えられてしまいます。

また、選抜されるためには発見されないといけません。企業にとって魅力的な経験やスキルを持っていたとしても、書けていなかったり、他に埋もれてしまうような書き方では意味がありません。

あなたが企業にとってどんな価値があるのかを売り込むような書き方をすることは大切です。

そのためには、企業の求める人材を研究する必要があります。
企業のホームページや求人サイトで情報を入手し、求める人材に合わせて自分の経験やスキルを記載しましょう。

・足切り(ステータス)
・選抜(抜け漏れや誤字脱字・求める人材に合わせる)

履歴書と職務経歴書を書くポイント


企業が書類の何をチェックしているかがわかったところで、提出する書類に合わせて具体的に対策していきましょう。
主に出すのが「履歴書」「職務経歴書」です。

履歴書はこれまでの経歴を記した書類です。
学歴や職歴、住所などを記載するわけで、ほとんど書くことは決まっています。

職務経歴書はこれまでに在籍した企業で、どのような業務を経験し、どのような成果をあげてきたかを記載する書類です。

履歴書も職務経歴書もどちらも正しい情報を書く必要がありますが、職務経歴書の方が自由度が高く、より選考でアピールすることができます。

つまり、職務経歴書で受かる魅力的な書き方を知っているかが選考の合否を左右することとなります!

ここでは、それぞれの書く際のポイントを紹介します。

履歴書の書くポイント

まずは、履歴書を書く上でのポイントから。

PCで作成する

履歴書の書く方法として、手書きかPCかで悩む人が多いようですが、基本的にPCで構いません。

手書きは字が汚い、見づらいなどの減点につながるため、行間や文字の大きさなど見やすい書類を作成できるPCをオススメします。

ただし、企業から手書きで提出するよう指示がある場合は指示通り手書きで提出しましょう。

志望動機をしっかり書く

志望動機は、履歴書で自由に記載する事ができる欄になります。

志望動機を書く上で大切なことは2つ。

・なぜうちの会社なのか(定着)
・前職のスキルが活かせるか(活躍)

志望動機は、抽象的な理由や曖昧な記述を避け、「なぜ競合企業ではく、うちの会社なのか」を明確にわかりやすく書く事が重要です。

過去の経験に基づいた具体的な志望動機が理想です。また、一方的な思いを伝えるだけでは、採用担当者の心には響きません。

応募企業が求めている人材を踏まえ、過去の職務経歴を応募企業の職務で活かせるように書きましょう。

抜け漏れ・誤字脱字なく記載

そして、履歴書を書くうえで重要なポイントは漏れがなく正確に記載することです。

「そんなことは当たり前」と思われた方も多いかとは思いますが、仕事をしながら転職活動をしていると、忙しくてチェックが疎かになってしまい、意外と見落とします。
学校や会社に在籍していた期間など細かい誤字脱字がないように、しっかり読み直してから出すようにしてください。

貼付する写真は明るく綺麗に

顔写真はとても重要です。

それは、採用の合否を最も左右するのが第一印象だからです。

つまり、添付されている写真の印象が良いか悪いかで採用の合否に大きく影響してきます。

まずは、明るい表情で撮ることです。
証明写真の機械で撮っていると暗い表情になってしまいますが、爽やかな笑顔で写ることが望ましいです。

また、証明写真の機械でなるべく撮ることです。
今では、最新機種のスマートフォンで撮ると、とても写りがよく見えますが、自撮り画像は避けておくべきです。

どうしてもという場合は、白い背景の前に座って、他の人に撮ってもらうようにしましょう。

PCで作成する
志望動機をしっかり書く
抜け漏れ・誤字脱字なく記載
貼付する写真は証明写真機で明るい表情で

職務経歴書の書くポイント

続いて、職務経歴書の書くポイントです。
ここをしっかりおさえて、他のライバルと差をつけましょう!

抜け漏れ・誤字脱字なく記載

まずは、履歴書と同様に抜け漏れや誤字脱字のないように注意して書きましょう。

また、人によっては、「あまり重要でないプロジェクトだったし……。」と全てを記載せずに職務経歴書でアピールしたい項目を抜粋して書きがちです。

しかし、これだと経歴の中で、何も仕事をしていない時期が出てきてしまいます。

適当に作っていると思われてしまったり、何か隠していると思われないように、漏れなく職務経歴を記載していきましょう。

また、職務経歴書の枚数を2枚にすることに拘らずに、今まで経験してきたことをしっかり伝えるようにしましょう。経歴が多い場合は5、6ページに渡っても問題ありません。
ただし、無駄がないようにチェックしましょう。

20代や30代前半なら2枚で収まると思うよ!

業務内容をわかりやすく具体的に記載

社外や異業界の人が見るわけなので、なるべく具体的に書くようにしましょう。

業務を書くだけでも、何を、どのように、どこまで、どれくらいの期間で、どのくらいの数を等、具体的に書いて、誰が見てもわかりやすい記載を心がけましょう。

一連の業務で、どんな工程を担当していたか、書かないと伝わらないよね……。相手の目線に立って書こう!

実績・成果を記載する

具体的な数字を用いて、業務の実績を書きましょう。

ここでは結果(実績)が重要です。過程については面接で深掘りして聞かれます。例を挙げると、

「実際に、○○万円の案件を○件で契約した。」
「目標は○○だったが○○を達成し、○○する事ができた。」
「○○の期限までに○○を契約するために、○回の粘り強い交渉を行い契約できた。」

具体的に書くことで、読んでいる採用担当もイメージがつきやすく、あなたの活躍を見る事ができます。

抜け漏れ・誤字脱字なく記載
業務内容をわかりやすく具体的に記載
実績・成果を記載

選考書類を書く前に準備すること


書類を書くうえで、重要なポイントがわかったかと思います。

しかし、いきなり書き出すのは待ってください!

書類を書き始める前に、以下の準備をしておきましょう。

これまでのキャリアを振り返る

時系列で、勤務先ごとに、「どんな仕事を」「誰に」「何のために」「どれだけ」「どうしてきた」の要素で仕事内容を書き出してみることをおすすめします。

これによって、経験してきた業務だけでなく、自分が得意とする分野、身に付けたスキルなどを整理することができるでしょう。

また、仕事での成果や実績、評価されたことや自分の特徴、仕事への取組み方なども書き出してみるのも良いでしょう。

志望企業との接点を見つける

職務経歴書を書く際、企業側からみて採用したいと思えるかどうかを考えることが重要です。

入社を希望する企業・職種の仕事において、どのような人が活躍できるか想像してみましょう。ホームページに求めている人材を書いている企業も多いです。

このように、これまでの経験や培った能力と求められる人材を重ね合わせることで、志望企業で活かせる力が見えてきます。

これまでの経験・スキル×会社が求める人材

転職エージェントを登録する

転職エージェントを書き始める前に登録しておきましょう。
メリットは以下の通り。

・職務経歴書のフォーマットがもらえる
・書類の登録後、添削を受けられる
・登録した書類で書類選考を受けられる

私はエージェントを登録してから、そのまま職務経歴書を書き、添削してもらったおかげで書類選考までスムーズに進めることができました。

自分では書けていると思っていても、人に見てもらうと全然うまく書けていなかったり、誤字脱字が見つかることはよくあります。

書類を作成する上で、私が個人的に使いやすいと思った転職エージェントはリクルートエージェントでした。

必要書類を職務経歴書エディターで最初に作成しておくと、添削をすぐに受けられます。

そして、完成したものをダウンロードできる仕組みになっており、他の転職エージェントでも様式をそのまま使いまわせます。

まだ登録していないのであれば、最初に登録しておいてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントのおすすめポイント
大手企業だからアプリやマイページが充実している
書類のチェックを早い段階でしてくれる
求人数や実績はNo.1で、全国を網羅している

公開求人数も非公開求人数も一番多いので登録しておいて損はないでしょう。

詳しくはこちら。
リクルートエージェント

他にも、エージェントのおすすめを紹介しているので気になる方はこの記事をチェックしてください!

【キャリア採用】20代後半から30代でおすすめの転職エージェント
これから転職活動を始めようと思っている方。転職エージェントの利用を検討している方。20代から30代におすすめの転職エージェントが知りたい方。私は、20代後半で転職し、収入をUPさせることができたため、参考になると思います。

まとめ


いかがでしたでしょうか。今回は、書類選考に受かる書類の書き方について説明していきました。

事前準備
・これまでのキャリアを振り返る
・志望企業との接点を見つける
・転職エージェントに登録する

履歴書
・PCで作成する
・志望動機をしっかり書く
・抜け漏れ・誤字脱字なく記載
・貼付する写真は証明写真機で明るい表情で

職務経歴書
・抜け漏れ・誤字脱字なく記載
・業務内容をわかりやすく具体的に記載
・実績・成果を記載

しかし、人の本当の魅力は直接会って話をしてみないと伝わらないものです。

そのためにもまずは面接まで進まなければなりません。
これらのポイントを押さえて、まずは書類選考を突破し、面接のチャンスを掴み取りましょう!!

書類選考に合格すれば、次は面接対策です。

こちらの記事は面接対策について書いてるよ。面接の流れを押さえよう!

【転職活動の面接】面接の流れとおさえておくべき質問と対策
面接って何聞かれるの?面接の流れが知りたい。もうすぐ面接だけど、自分のイメージと合っているか確認しておきたい。こんにちは、みに丸です!今回は、上記のような悩みに対して、転職での面接の流れを解説しております。面接前に確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました