【うまくいかない人必見】転職を失敗しない7つのポイント

転職の対策

こんにちは、みに丸です。

転職がうまくいかない
就職活動はうまく行ったのに転職は何か違う
時間がないけどどれくらい準備すればいいの?

と言った課題を解決していきます。
皆さんは、転職活動にどれほど準備していますか?

中途採用は、新卒採用と違って、よりスキルや人物面の評価に重きがあリます。

やる気をアピールするだけではいい企業に内定をもらえません。

転職活動を軽い気持ちで行うと、年収UPできなかったり、行きたかった企業に転職できません。

今回は、転職を失敗しないためにも次の7つをしっかりで行い、周りと差をつけましょう。

私は、元国家公務員から大手企業に転職した経験があり、その際に、様々なポイントを学びました。
その体験を踏まえて書いていますので、最後までチェックしていただけると幸いです。

転職を失敗しない7つのポイント

スケジュールを把握し計画を立てる

まず、転職活動のスケジュールをしっかり把握しておきましょう。
大体、どれくらいの期間が必要で、何と何をすればいいか、はっきりと答えることができますか?

転職活動のステップ(全体像)

  1. 事前準備
  2. 必要書類を揃えて応募
  3. 面接を受ける
  4. 内定をもらう
  5. 退職手続き

転職活動の細かいスケジュールについて、以下の記事でしっかりまとめています。是非読んで計画を立ててみてください!

【転職の進め方】転職活動の準備期間はどれくらい?スケジュールを把握
これから転職を考えている方は、まず転職活動の全体感を把握しておきましょう!この記事を読むことで転職活動の全体感を抑えることができ、ゴールから逆算してスケジュールを立てられるので、より計画的に転職活動を進めていくことができます。

転職の軸がしっかりしている

転職の軸を明確にしましょう。

軸は、転職で実現させたい最優先事項のことです。
年収UPさせたい、大手に就職したいといったことだけでなく

自分のしたい仕事
付きたいポジション
専門性のある仕事をしたい
 など……。

また、

  • なぜ転職するのか
  • 何を実現したいのか
  • 何を犠牲にすることができるのか

を、よく考えてから応募しないと、面接の際に
「この人、あまり考えていないな。」と見抜かれてしまいます。

転職の軸の作り方については、こちらの記事でしっかりまとめています。
これから転職を考えている方は、是非チェックしてみてください。

【転職始める人必見】転職の軸の作り方・決め方(経験者が教えます)
転職の軸って何?転職の軸の決め方を教えて。転職ってなにを大切にすればいいの?こんにちは、みに丸です。県庁、国家公務員を経験して、民間へ転職経験のある私が、転職の軸の決め方について解説していきます。

厳選して応募する

企業は厳選して応募しましょう。

新卒採用の際は、何十社とエントリーしても時間に余裕があるので、なんとかなってしまうのですが転職では得策ではありません。

なぜなら、一社当たりに割く時間がとても少なくなるからです。

多く応募すると、それだけ時間を割けることが出来ずに、1社あたりに割くことのできる時間が少なくなってしまいます。

また、新卒採用よりも中途採用は全体的に通過率が低いため、より丁寧に選考に臨まなければいけません。

軸をしっかり決めて、より絞ってから企業を選びましょう。

転職活動では、面接を並行して受けるのであれば、2.3社に絞ることをオススメします。

想定問答を作り、声に出して面接練習する

面接書類を書いただけで終わっていませんか?

数を絞るため、面接に場慣れしていない可能性が高いです。

想定問答を準備しておき、何度も模擬練習しましょう。

私は、ハローワークで何度もシートのチェックと面接の練習をしてもらいました。

本番に近い練習を行い、反省点を修正し、もう一度練習すると言ったように、やり直ししながら磨いていきましょう。

前編【転職】面接対策!質問リスト・想定問答集(これで対策は万全)
面接って何聞かれるの?面接の流れが知りたい。
もうすぐ面接だけど、想定問答を確認しておきたい。こんにちは、みに丸です!今回は、上記の悩みに対して、面接でされる想定問答についてリストアップしました。(前編)

求めている人材になる

面接官が見ているのは、業務実績、スキルを活かして同じようにその企業でも活躍することができるかです。

就職活動は企業と求職者のマッチングです。

求めている人材と自分がマッチしないと内定を得られません。

いくら、凄い活躍をしていたとしても、求める人材と違っていれば、落とされてしまうのです。

うちの会社に役に立ちそうだからこの人が欲しいと思ってもらえるような、自己PRが必要になります。

具体的には、

  • 実績を数値化する
  • 結果を残すために、自分がどのような工夫したか伝える
  • その経験・スキルが企業のこの場面で役立つ

と言った流れで説明できるようにしましょう。

熱意を伝える

志望動機が強く持ち、熱意を伝えましょう。

具体的には、志望動機に自分の体験を取り入れます。

自分が企業のこの部分に魅力を感じているということを体験を交えながら話すようにしましょう。

例)御社では、こういった事業をしていますが、私はそこへ足を運んだ際に、〜といったところに凄く惹かれました。自分のスキルのこういう部分を活かして、もっと○○したいと思っているんです!!

口調も大切です。自己PRでは冷静になって客観的に話したほうが良いですが、志望動機は熱意を伝えるようにしましょう。

気持ち前のめりになり、「自分だからこそ、この会社に貢献したいんです!!」といったように、想いを乗せて話すように心がけましょう。棒読みはダメです。

転職サポート受けながら活動する

転職活動を行っていくうえで、オススメのサービスが『転職エージェント』です。

転職エージェントとは

転職エージェントは転職サイトよりもサポート面で充実している転職サービスです。

求人紹介から、履歴書・職務経歴書の作成サポート、面接対策、応募企業への各種調整を全て無料で行ってくれます。

転職全般に関わることを無料でサポートしてくれますので、特に転職初心者の人には、かなりオススメのサービスとなっています。

転職サイトとエージェントが備わっているdodaは登録することで、求人情報をみることができるだけでなく、転職エージェントとしてのサービスも受けることができるので便利なので一つ登録しておくのであればおすすめします。

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

転職エージェントのおすすめについての記事はこちら。

【20代・第二新卒必見】おすすめ転職エージェント!厳選5社を紹介
これから転職活動を始めようと思っている方、転職エージェントの利用を検討している方、若手におすすめの転職エージェントが知りたい方。今回は20代でおすすめしたい転職エージェントを紹介いたします。
【キャリア採用】20代後半から30代でおすすめの転職エージェント
これから転職活動を始めようと思っている方。転職エージェントの利用を検討している方。20代から30代におすすめの転職エージェントが知りたい方。私は、20代後半で転職し、収入をUPさせることができたため、参考になると思います。

まとめ

今回は転職を失敗しないための7つのポイントについて紹介していきました。

  1. スケジュールを把握し計画を立てる
  2. 転職の軸がしっかりしている
  3. 厳選して応募する
  4. 想定問答を作り、声に出して面接練習する
  5. 求めている人材になる
  6. 熱意を伝える
  7. 転職サポート受けながら活動する

せっかく面接するなら、丁寧に短期間で集中して成功させましょう!
ありがとうございました。

書類選考対策や面接対策はこちらの記事をチェック!!

転職で書類選考に通らない人!ここを押さえて(履歴書と職務経歴書の書き方)
書類選考が突破できない。書類の書き方を教えて欲しい。履歴書と職務経歴書って書き方違うの?こんにちは、みに丸です。面接対策以上に、書類選考を突破するための対策を行うことが重要って知ってました?通過する書類の書き方を教えます!
【転職】面接対策!この流れを絶対抑えておけ。(経験者が教えます)
面接って何聞かれるの?面接の流れが知りたい。もうすぐ面接だけど、自分のイメージと合っているか確認しておきたい。こんにちは、みに丸です!今回は、上記のような悩みに対して、転職での面接の流れを解説しております。面接前に確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました