【転職活動の面接】面接の流れとおさえておくべき質問と対策

転職の対策

転職の面接ってどんな流れで何を聞かれるのか教えて!

面接って何を聞かれるの?
面接の流れが知りたい。
もうすぐ面接だけど、イメトレしたい。

こんにちは、みに丸です!
今回は、このような悩みに対して、“転職での面接の流れ”を解説します。
これから、面接を予定している人には、読むことをおすすめします。
既に、対策を終えている方も最後に確認してみてください!

私も複数の会社を受けた経験があるのですが、実際のところ、ほとんどが今回の紹介する流れでした。
人事も何人もの求職者を見てるわけですから、同じような流れに収束するみたいです。

今回の結論です。

  1. 入室と自己紹介
  2. 職務経歴
  3. 転職理由
  4. 志望動機
  5. 逆質問

ここまで読んで、ざっと流れは掴めたかと思うのですが、1つ1つ、重要なポイントを紹介していきます!最後まで、お付き合いください。

面接官はここを見ている

面接の流れに行く前に、面接官が何をみているか、ちゃんと答えられますか?
以下の3つです。どのタイミングで伝えるかをしっかり意識しましょう。

・一緒に働きたい人物像か
・会社の求める人材とマッチしているか
・会社で長く働いてくれそうか

一緒に働きたい人物像か

当たり前ですが、基本的なマナーや話し方、態度も確認しています。
面接官も人なので、好印象を持ってもらえるように努めましょう。

『マナー』
遅刻しない、声がハキハキしている、清潔感がある、適切な言葉遣い、話を聞いているか

『態度』
丁寧で謙虚な話し方か、ネガティブな態度でないか、人の話を聞けるか

ごく当たり前な社会人としてのマナーが揃っているかの確認。
この記事では、マナーについては割愛します。「面接 マナー」等で検索して調べましょう。

また、話し方や態度が横柄になっていないか見ることで、「職場にうまく馴染めそうか」といった観点もチェックしています。

求める人材とマッチしているか

「会社が求める人材」「自分の業務経験や活かせるスキル」マッチしているかを確認します。
これによって会社で活躍してくれそうかを見ています。

職務経歴で深掘りして聞かれるか、
「2分ほどで自己PRしてください。」と言ってくる面接官もいます。
あらかじめ、回答を作っておく必要があります。

長く働いてくれそうか

長く定着して働き続ける気持ちがあるか、熱意があるのかを確認しています。
主に、志望動機で確認されます。
「自分の転職の軸」「会社の魅力」マッチしているから志望すると伝えるようにしましょう。

面接の5つの流れ

それでは、以下の通り、順番に説明していきます。

  1. 入室と自己紹介
  2. 職務経歴
  3. 転職理由
  4. 志望動機
  5. 逆質問

入室と自己紹介

『入室の流れ』
・自分の番がきたら軽くノック
・「どうぞ」と呼ばれて入室
・面接官の方を向き、ハキハキと「よろしくお願いします!」
・面接官に促された後に着席

「簡潔に自己紹介してください」
自己紹介は簡潔に答えましょう。(場合によっては1、2分の指定あり)

(例)「みに丸と申します。本日はお時間いただきありがとうございます。私は〇〇という会社で〇〇課で〇〇の業務を担当しています。日々、〇〇をしていますので〇〇を得意としています。本日はよろしくお願いします。」

職務経歴

ここでは、企業の求める人材に自分が合っているかを確認する場です。
これまでの経歴はダラダラと話さず、端的に答えましょう。

『求める人材に合わせてピンポイントで深掘り』
志望企業が求める人材に合わせて自分の経験を強調して答えることです。
できる限り簡潔に回答するのが基本です。回答の内容に対して面接官が興味を持てば、深掘りする質問を重ねてくれます。

・最初の回答で面接官に疑問を持たせる。
・面接官が質問を重ねてきたらより具体的に答える。

質問をうまく誘導し、自己PRにつなげます。

最低でも履歴書に書いている自己PRの業務経験の内容は何が来ても答えられるようにあらかじめ想定問答をつくっておきましょう。

経験について話す時は、数や実績、苦労したこと、そこから得たスキルなど、具体的に答えられるように対策!

転職理由

転職理由は「なぜ、前の会社を辞めて転職しようと思ったのか?」を答えます。

・質問意図はネガティブな理由ではないこと
・何を解決したくて転職するのか
・ネガティブな課題をポジティブに転換する
・今の環境では実現できない理由もセットで

転職理由にはネガティブな言葉が出てきそうな場面ですが、
ここでは前の会社の愚痴になってしまってはいけません。

1. 「これからこんな仕事をしたい。」
2. 「自分の○○な価値感を大切にしたい。」
3. 「だからこそ、前の会社より御社の方が自分に合っている。」

という流れで伝えましょう。
会社の優劣ではなく、自分にとって合っていること話すと好印象です。

また、本音と建前を混同しないように気をつけましょう。
会社を転職する際、以前の会社の嫌な部分を改善したい場合が多いですが、
以下のように露骨な言い方を避け、ポジティブに変換します。

・ライフワークバランスが取れている会社だから
・給料を上がるところげ入りたいから
・人間関係が嫌だから
・前職がブラック企業だったからホワイト企業に入りたい
・時間を確保できることで自己研鑽したい
・給料だけではないが、自分の市場価値を計る上で重要だと考える
・自分のビジョンを達成できる会社に転職したかったから
・自分が○○の分野で成長できる会社に転職したかったため

転職理由をまだ作れていない人は、以下の手順で作ってみましょう。

1. 転職のきっかけを言葉にする
2. 悩みや問題の正当性を確かめる
3. 行動を起こした上で、駄目だったことを伝える
4. 転職することで悩みを解決できる

詳細はこちら!

志望動機

長く働き続ける気持ちがあるか、熱意があるのかを確認しています。

・質問意図は転職理由からの一貫性
・課題を解決するためには○○の経験が必要
・○○の経験、チャレンジができるから志望
・転職理由=会社の魅力
・誰でも言える企業の特徴は志望動機にならない

面接官に、

「どこでもよかったのではないか。」
「とりあえず応募してみただけかもしれない。」
「自社にこだわらないなら、すぐに辞めてしまうだろう。」

と思われないように、長いこと働き続けるつもりがあることをアピールする必要があります。

そこで、『転職理由=会社の魅力』のパターンを作りましょう。

(例)施工会社に技術職で転職したい人。
『転職理由』
施工管理や審査業務として携わる中で、指示や審査確認するだけでなく、自社の建物を1から設計、建設に携わることができる、施工管理の業界に転職したいと考えた。
『会社の魅力』
そんな中、A社の設計した建物へ足を運んだ際、○○に感動した。○○な点において、他の会社と差別化を図っていると考えている。私も御社で施工管理業務に関わることで、自分のスキルを活かしながら、魅力的な施設を造りたいと思った。
『転職理由=会社の魅力』
だからこそ、A社を志望している。○○のスキルやこれまでの行政経験を活かすことで、御社に貢献できると考えている。
・「会社の経営理念に共感した」など、誰でも話せる内容
・「これまでの経験を活かせる」「これからこんな経験をしたい」がない

逆質問

業界のことをしっかり研究しているかアピールする機会になります。

例えば、「同じ業界の会社と比べて御社は〇〇の点で差別化していると思うのですが、他にも大きな差別化しているポイントはあるのでしょうか。」

と言ったように、業界と他の会社の違いを研究していることをアピールしたうえで、その企業に関心を持っていることをアピールしましょう。

他には、「御社のホームページを拝見したところ、この分野に特化していると認識しているのですが、今後最も注力していく領域を差し支えなければ教えてください。」等、HPには載っていない内容で企業について疑問に思う点をあらかじめ用意しておくといいです。

「企業研究が足りていないな。」と思われる質問はNGです。

「もし、御社に内定をいただけましたら、入社までに勉強しておいた方がいい資格などはありますか。」という質問は、入社意欲が強いことをアピールできるのでおすすめです。

『予想外の質問が来たら?』
勢いで答えると思ってないことを言ってしまう恐れがあります。
まずは、「時間をください」と言って落ち着いて考えよう!

まとめ

今回は、面接の流れについて解説していきました。

面接官はここを見ている

  • 一緒に働きたい人物像か
  • 求める人材とマッチしているか
  • 会社で長く働いてくれそうか

面接の5つの流れ

  1. 入室と自己紹介
  2. 職務経歴
  3. 転職理由
  4. 志望動機
  5. 逆質問

面接で聞かれる内容はある程度パターン化されているので、反復して練習してみてください。

では、また!

面接の想定問答についてはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました