転職理由は「スキルアップの為」と答えて良い?書き方や回答例を解説

転職の対策

転職理由ってどうやって書けばいいの?

転職理由の上手な書き方を教えて!
スキルアップややりがいのある仕事がしたいってどう伝えればいい?
キャリアアップの為って転職理由になる?

こんにちは、みに丸です。『転職理由』をしっかりと答えることができますか?

・どうして転職しようと思ったか
・どうしてこの会社に入社したいのか

これらにしっかり答えることができないと内定はもらえません。
自分のことをしっかりと深く掘り下げて考え、内定が取れる転職理由を作りましょう。

また、退職理由が人間関係や給与などネガティブな場合、本音を伝えたほうがよいのか迷う人も多いかもしれません。
そういった悩みも含めて、転職理由の伝え方のポイントと回答例をご紹介します。

面接で転職理由を聞かれる理由

企業が転職理由を聞く理由は、あなたのことを知る為です。

  • その人が仕事で何を重視しているか
  • 何にやりがいを感じ、何を嫌だと感じるか
  • 価値観や優先順位

等、あなたの人間性が分かります。

その上で、

・その人が求める人材とマッチするか
・仕事内容や職場の雰囲気に馴染み活躍できそうか(活躍)
・同じ理由でまたすぐに辞めてしまわないか(定着)

をチェックしています。
もし面接で建前ばかりを話し、本音を伝えないと、面接担当者も判断がつかず、面接が良い結果に結びつかない場合もあります。
また、しっかり考えを持っていないと、入社後にミスマッチを感じてしまうこともあります。
そのため、双方にとって本音で転職理由を伝えることが重要です。

転職理由の3つの評価ポイント

では、企業は転職理由のどこを見ているのでしょうか。

客観的に見て転職する程の理由か

例えば「今の仕事にやりがいを感じていない」とすると、社内で上司と異動の相談をするといった対処等、転職する程の理由ではないと返されかねません。

客観的に見て筋の通る転職理由を作りましょう。

面接前に人に聞いてもらうことで、客観的かどうか判断できるのでおすすめです。

環境の責任にしていないか、自分なりに行動したか

転職理由が職場の人間関係にうまくいかなかったとすると、

自分に原因はなかったか?
他人のせいにしていないか?

を今一度振り返ってみましょう。
感情的な言い訳を伝えるのではなく、客観的に伝えることが重要です。

また、人間関係はどの会社でも同じように起こり得るものです。

不満や悩みに対して、自分なりにちゃんと行動したか
が重要になります。

具体的な行動まで起こせていない人は
解決しようとする姿勢のない受け身な人だと捉えられかねません。

転職することで転職理由を本当に解決できるか

「残業のない会社に入社したい」という転職理由だったとしても、残業のない会社は滅多にありません。
「もしかしたら、前の会社よりも残業が多い部署についてしまうと、また転職するのではないか」と思われてしまいます。

面接官は入社後の定着(同じ理由でまたすぐに辞めてしまわないか)の観点を見ています。

前の会社で苦痛に感じている点を解決できるかをはっきりさせることが大切です。

転職理由を作る上での2つのポイント

一貫性を持つ

転職理由を作る上で重要なことは、

転職理由と志望動機に一貫性があることです。

転職理由を考える際には、志望動機とのつながりを考慮しましょう。
例えば、
・転職理由「○○の部署には入れず、今後も異動の見込みがない」
・志望動機「スキルを活かし○○業務を経験できる御社で働きたい」

というように、転職理由と志望動機が一貫していると説得力が増し、転職後のキャリアを建設的に考えていることを伝えられます。
その条件を求める理由や、「その分野でスキルアップしたい」といった「転職によって実現したいこと」を伝えましょう。

転職理由が希望条件だけでは面接担当者も自社で活躍しているイメージがしづらいですが、エピソードや理由を加えることでどのような働き方を希望しているのかが伝わりやすくなります。

志望動機との一貫性を意識して転職理由を作りましょう。

ポジティブに伝える

転職のきっかけはネガティブな理由の場合が多いかと思います。

・残業が辛すぎたから
・人間関係がうまくいかなかったから
・やりがいを感じられないから

しかし、面接でそのまま伝えてしまうと、面接担当者は入社後の定着や活躍がイメージしづらくなります。
ネガティブな転職理由はポジティブに伝えるようにしましょう。

・時間を確保することで自己研鑽したい
・周囲と強調しながら仕事に取り組みたい
・自分の興味がある○○の分野で活躍したい

転職理由を作るための4つのステップ

1.転職のきっかけを言葉にする

自分にとって何が悩みや問題で苦痛なのか
をはっきりさせましょう。

何が悩みなのかをはっきりしていないと、企業に「転職する必要が本当にある?」と思われてしまいます。

2.悩みや問題の正当性を確かめる

自分が求めすぎていないか
どこの会社でも同様の悩みが出てこないか
転職以外の手段がないか

を改めて考えましょう。

「ただの、我儘じゃないか」と思われない為にも客観的に正当性を確かめる必要があります。

3.行動を起こした上で駄目だったと伝える

実際に、上司や人事担当に相談してみましょう。
行動したことが面接での評価にも繋がります。

また、実際に行動してみてからでも転職は遅くありません。

4.転職することで悩みを解決できる

あなたの悩みは転職することで解決しますか?
ここは、志望動機にも直結する内容です。

どういった条件であれば課題が解決できるのか考えましょう。
事前に情報収集も怠らないようにしましょう。
志望動機に繋げて、一貫性を持たせましょう。

転職理由が「スキルアップできる会社に行きたい」

だったとすると、

(回答例)○○職として、自社が抱える○○の課題解決に務めてきました。企業の経営ビジョンで再生エネルギーの活用が進んでいることから今後の必要性を感じ、自分なりに勉強をして、○○の勉強をしてきました。しかし、現職では身につけた知識を活用できる機会が少なく、転職を決めました。御社でなら、○○のスキルを活かすことで即戦力となり、ゆくゆくは海外の○○事業にも携わりたいと考えています。

転職理由から志望動機まで一貫性を持つことで

転職先で何を実現したいのか
どんな経験をしたいのか

を伝えることができます。

(補足1)転職理由にスキルアップは好印象?

転職理由としてスキルアップを伝えることは積極的で前向きな転職理由として受け入れられるでしょう。
ただし、スキルアップしたいだけでは抽象的です。

先ほどの回答例のように具体的な表現に変えましょう。
スキル→企画力、課題解決力、交渉力等

技術職なら、より専門的な知識や分野などに置き換えてみましょう。

転職理由としてスキルアップと伝える際は、環境を変えることでスキルをもっと活用したい、向上させたいと考えている点を強調すべきです。

・応募企業でならスキルを活かせると考える理由
・現在や過去の企業ではそれ以上のスキルアップが難しい理由
・なぜそのスキルが必要と思うようになったか

も整理しておくと、ストーリーを組み立てやすくなります。

また、受け身ではなく、積極的に学びたいという姿勢や意思で伝えることで前向きな転職理由になるでしょう。

(補足2)転職理由にキャリアアップはダメ?

スキルアップと似たような言葉にキャリアアップがありますが、これはポジションや自分の市場価値のレベルをアップさせることを意味します。
キャリアアップのためを転職理由に挙げるのは、場合によってはマイナスな印象を与えます。

なぜなら、
既に実力や自信があることを前提にしているから
キャリアアップを理由にまた転職すると思われるから

という理由が挙げられるからです。

入社後に定着しないと思われてしまうことは非常にマイナスです。
気をつけましょう。

まとめ

今回は、転職理由の伝え方についてポイントや手順を紹介してきました。

転職理由の3つの評価ポイント
・客観的に見て転職する程の理由か
・環境や他人の責任にしていないか、自分なりに行動したか
・転職することで転職理由を本当に解決できるか

転職理由を作る上での2つのポイント
・一貫性を持つ
・ポジティブに伝える

転職理由を作るための4つの手順
1.転職のきっかけを言葉にする
2.悩みや問題の正当性を確かめる
3.行動を起こした上で駄目だったと伝える
4.転職することで悩みを解決できる

(補足)
・転職理由にスキルアップは好印象だが具体的に書く
・転職理由にキャリアアップは場合によってマイナス評価

転職理由をする上で、
本当に転職することで悩みを解決できるのか
転職以外に手段はないか
を考えることは、面接で通過する上でも重要になりますが
転職の失敗を防ぐことにも繋がります。
後悔しない為にも、粘り強く丁寧に考えて、作りましょう!!

こちらの記事もおすすめです。

『転職の軸』もしっかり考えた?まだの人は読んでおこう。

【転職始める人必見】転職の軸の作り方・決め方(経験者が教えます)
転職の軸って何?転職の軸の決め方を教えて。転職ってなにを大切にすればいいの?こんにちは、みに丸です。県庁、国家公務員を経験して、民間へ転職経験のある私が、転職の軸の決め方について解説していきます。

この記事を読むと面接の流れや聞かれる内容が分かるよ!

【転職】面接対策!この流れを絶対抑えておけ。(経験者が教えます)
面接って何聞かれるの?面接の流れが知りたい。もうすぐ面接だけど、自分のイメージと合っているか確認しておきたい。こんにちは、みに丸です!今回は、上記のような悩みに対して、転職での面接の流れを解説しております。面接前に確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました