【企業研究】転職で内定をもらう企業研究のやり方と3つのポイント

転職の対策

企業研究について詳しく知りたい!

企業研究はなぜする必要があるの?
企業を分析しないとどうなる?
具体的にどうすればいいか知りたい。

こんにちは、みに丸です。

就職活動でも転職活動でも面接で必ず聞かれるのが「志望動機」です。

しかし、説得力のある理由を言うのはなかなかむずかしいですよね。

そこで、深掘りされた質問に答えるためには「企業研究」が必須になります。

今回は“企業研究の方法”を詳しく解説していきます。

あなたの転職活動にとって意味のある企業研究にするために、ぜひ参考にしてください。

「目的」なぜ企業研究は必要なの?

転職活動を始めると、まず「企業研究」という言葉を耳にしますが、そもそもなぜ、企業研究を行う必要があるのでしょうか?

結論。企業研究を行う目的は

①入社したい企業を選ぶため
②選考に通過するため
③入社後のミスマッチを防ぐため

の3つが挙げられます。それぞれの目的について、以下で詳しく見ていきましょう。

入社したい企業を選ぶため

企業研究の第一の目的は、入社したい企業を選ぶためです。

転職活動を始めようと思っても、「企業が何をしているのか」を詳しく知らなければ、入社したい企業を決めることができません。

特に最近では同じ業界であっても、力を入れている事業が異なっている会社や、働き方が全く違う企業も増えてきています。

仕事の合間の限られた時間で、どの企業を受けるかを決めるためには、同業他社の違いをしっかり比較する必要があり、そのためには企業研究は欠かせないのです。

選考を突破するため

企業研究は選考を突破するためにも必要になります。

主に、書類選考と面接で志望動機を伝える必要がありますが、面接では必ず動機や企業のことをいろんな角度から問われるでしょう。

「会社の何に魅力を感じているの?」
「どの部署でどんな仕事をしたいの?」
「将来うちの会社でどう活躍したいの?」

などの質問に答えられるよう準備しなくてはなりません。

選考を勝ち抜くためには、他者と差をつけられるような説得力のある志望理由を考える必要があり、企業研究は欠かせないのです。

入社後のミスマッチを防ぐため

入社後のミスマッチを防止するためにも、企業研究は重要です。

・ライフワークバランスが整っている
・自分がやりたい分野の専門性を高められる
・将来のなりたい自分を実現できる

など、あなたが働くうえで大切にしたい条件があると思います。

その条件を満たした企業かを見極めるためにも企業研究は欠かせません。

さらに、近年では入社後3年以内に辞めてしまう社員の割合は3割以上というデータもあります。
(厚生労働省が2020年に報告したデータによると、2019年における入社3年以内の離職者は3割弱)

企業側もミスマッチの離職をなるべく減らすためにも慎重に選考を実施しています。

企業側の視点で考えると、せっかく採用したのに3年以内に転職されてしまうと採用にかかる人件費が赤字になってしまいますからね。

企業研究を行い、入社後のミスマッチを防ぐことは、あなたにとっても企業にとってもメリットだといえるでしょう。

企業研究をしないとどうなるか?

上記のように、企業分析の目的について解説してきましたが、企業分析を行わないと、

・自分に合う企業がいつまでも見つからない
・面接で浅い志望動機しか答えられない
・選考に突破することができない
・内定をもらっても入社後に後悔する

ということになってしまいます。
企業研究をしないと、就職活動、転職活動そのものが無駄になってしまいますね。

上記のようにならないように、次で企業研究のポイントをおさえていきましょう!

「情報源」企業研究はどうやって調べる?

企業研究の方法には、本を読んだりホームページを見たりなど、色々なやり方があります。

一つの情報源だけに頼らず、多角的に情報収集することで、かたよった理解や間違った認識を防ぐことが可能です。

ここでは、具体的にどうやって調べるのかについて紹介します。

志望企業のHPや求人サイトで分析する

気になる企業がある程度絞り込めたら、そのホームページは必ずチェックしましょう。

前述した基礎的な企業情報はもちろん、その企業が掲げるビジョンや代表のメッセージ、働いている社員の声などが掲載されています。

何より志望企業に関する一次情報ですので、隅々まで分析して、企業の雰囲気や求める人材を知るヒントにしてください。

また、求人サイトも重要な情報源となります。

多くの企業について知ることができ、フォーマットが統一されているため、簡単に比較できます。

また、スマートフォンも気軽に情報収集ができ、条件検索からの絞り込み、応募までができる点も便利です。

口コミサイト

口コミサイトは企業のHPに書いていない生の情報を集めることができます。

ただ、情報の信憑性はそこまで高くないため、使い方には注意を払いましょう。

あまり信じ込まず、多くの情報の平均をとるように参考程度に留めておくといいでしょう。

本を読んで情報を集める

次に、本から情報を得ることです。

例えば「四季報」「業界地図」といった参考本なら、企業・業界の情報が統一されたフォーマットでまとまっているため、多くの企業について、それぞれ比較しながら知ることができます。

自分の知らなかった企業に触れ、選択肢が広がるかもしれません。

また、業界の動向や、企業の経営状況などの情報を知ることができます。

働いている社員と面談する

実際にはたらいている人から話を聞く1番の魅力は何と言っても生の声が聴けることです。

実際に働いている方のお話を聞くことでより鮮明に職場をイメージすることができます。

企業H Pや口コミサイトでは分からない日常の雰囲気や社内のリアルを知ることができます。

面談には、社員さんの時間をいただくので、選考がある程度すすんだ上でセッティングするといいでしょう。

転職エージェントを活用して情報を得る

転職エージェントは、ホームページや求人サイトに載っていない企業の詳しい情報を知ることができます。

転職エージェントは企業の人事と直接やりとりをしているため、非公開の求人を紹介してもらえるだけでなく、入社した社員の声や、実際の働き方、想定年収など調べにくい情報を教えてもらうことができます。

気になる人はこちらの記事からあなたにあったおすすめを紹介しているのでチェックしてみてください♪

【キャリア採用】20代後半から30代でおすすめの転職エージェント
これから転職活動を始めようと思っている方。転職エージェントの利用を検討している方。20代から30代におすすめの転職エージェントが知りたい方。私は、20代後半で転職し、収入をUPさせることができたため、参考になると思います。
【20代・第二新卒必見】おすすめ転職エージェント!厳選5社を紹介
これから転職活動を始めようと思っている方、転職エージェントの利用を検討している方、若手におすすめの転職エージェントが知りたい方。今回は20代でおすすめしたい転職エージェントを紹介いたします。

「分析」企業研究でおさえる3つのポイント

企業研究が重要ということがわかっても、ただ闇雲に調べれば良いわけではありません。

ポイントを絞って調べてまとめておくことが大切です。
ここでは企業研究で見るべきポイントとして、

1. まずは企業の特徴を把握する
2. 業界内の位置と他社との違いを知る
3. 自分と企業との相性を分析する

の3つに絞ってみていきましょう。

1. まずは企業の特徴を把握する

企業の特徴を調べることは企業研究の基礎です。

企業の特徴を研究する際は、以下の項目を抜け目なく調べ上げることが大切です。

企業の情報

まず企業の基本情報を調べることから始まります。具体的には次のような内容が挙げられます。

・企業の正式名称
・代表の名前
・設立年
・従業員数
・資本金
・売上高
・事業拠点
・企業の沿革
・企業理念
・株式公開や上場の有無

こうした情報は調べやすく、それでいて企業の全体像が見えてくる大切な要素です。働きたい企業として条件が合うかどうか、判断の手掛かりにもなります。歴史ある企業か、ベンチャー企業か、全国展開か単一拠点かなど、自分の志向と照らし合わせて絞り込むことができるでしょう。

事業の内容

次に押さえておきたいのは、企業の事業内容です。以下の切り口をヒントに把握していきましょう。

・商品やサービス内容
・顧客(誰に)
・業態(どうやって)
・今後の展開

具体的に調べてみることで、企業のビジネスモデルや強みを理解することができます。

漠然としたイメージしかなかった企業も、ビジネスの流れがわかることでどのように企業運営をし、利益を出しているのかがつかめてくるでしょう。

採用では企業の利益に貢献できる人材が求められているので、どの視点から自己アピールをすると効果的かを知ることにもつながります。

社内の制度

実際に入社した場合の働き方を知ることも、ミスマッチを防ぐためには欠かせません。次のような社内制度については事前に確認したいところです。

・休暇や休業に関する制度
・有給休暇の消化率
・教育や研修について
・評価や昇給制度
・諸々の手当
・福利厚生

社内制度にはその企業の働き方や方針、社風が表れます。

例えば休暇の取得率だけでも、ワークライフバランスを重視しているのか、忙しい会社なのかがわかりますね。

研修制度が充実していれば社員育成に注力していることが分かります。

採用情報

今の採用状況を調べることは当然ですが、応募に際して最もダイレクトに影響する内容であり、一つひとつ丁寧に確認しておくことが大切です。

・募集職種
・初任給
・勤務地
・採用人数
・選考の流れ
・平均年収
・離職率

以上のような観点で、企業の特徴を調べることで、企業情報を分析するためのベースが出来上がります。

これ無しには企業の展望など語れないと考え、しっかりと調べ上げましょう。

2. 業界内の位置と他社との違いを知る

次に、志望企業が業界の中でどのような位置付けにおかれているのか、他の会社とどのような違いがあるのかを調査することも重要です。

同じ業界の似たような企業を調べることで、志望企業をより客観的な視点から判断できるようになります。

・他社と比べて年収はいいのか
・事業の種類や規模が他社とどう違うか
・取引先や協働する企業に違いはあるか
・他社と比較して企業独自の強みは何か
・自己資本と他人資本の構成はどう異なるか

以上の項目について分析していくことで、企業の業界内での立ち位置が見えてきます。

他社との違いを理解し、面接でも根拠ある説明ができるよう準備しておきましょう!

3. 自分と企業との相性を分析する

企業研究の前におこなう自己分析から自分と企業との相性を確かめることも大切です。

その企業について「良いと思う点」「気になる点」をリストアップし、自分の志向とマッチするかどうか比較していきましょう。

自己分析や企業に求める条件(転職の軸)がはっきりしていないと比較も難しいため、この機会に自己分析も徹底しておきましょうね!

「転職の軸」がはっきりしていない方はこちらをチェックしましょう!

「方法」選考に活かす企業研究の3ステップ

企業研究は調べてまとめて終わりではありません。

まとめただけで終わらせる企業研究はとてももったいないです。

なぜなら、その後の選考の通過や内定承諾に活かさなくてはならないからです。

では、どうすれば調べたことを無駄にせず企業研究を次のステップに活かせるのでしょうか。

・企業情報ではなく自分の言葉に置き換える
・面接で話せるよう言語化する必要がある
・人と対話することで説明に磨きをかける

調べた後に以上の3点を心掛けることで企業分析から「面接対策」「自分に合う企業の選定」などに活かせるため、より整理された情報が頭に定着するようになるのです。

ここでは、転職の成功につながる企業研究のステップを紹介します。

流れに合わせて一緒にやってみてください♪

STEP1:分析シートで整理する

企業研究の第一歩としてテンプレートを作ることをおすすめしています。その理由は同じ項目を調べることで、いろいろな企業を比較することができるからです。

複数の企業を比べながら自分が行きたい企業を決める必要があります。

テンプレートを使用すれば効率よく簡潔に研究を進められるため、ぜひ作ってみてください。

そして、先述した情報源から信頼できる情報を見極めつつ、まとめていきましょう。

STEP2:人に説明する

自分が、十分に企業研究ができているか確認するため、他人や鏡に向かって説明するというのも重要な方法のひとつです。

人に説明することで、一段と深く理解することができます。

しかし、転職活動の話をできる相手が見つからない場合も多々あります。

その際は先ほど紹介したような転職エージェントなど、専門家に相談することをおすすめします。

説明した内容や紙におこした志望動機などを添削してくれるので、かなり有効です。

STEP3:実際に感じた印象を加える

書類選考後には企業に訪問し面談したり、社員と会う機会もあるでしょう。

その際には

・調べたとおりの雰囲気や社風だったか
・自分が働くイメージができるか
・目標になりそうな先輩社員はいたか
・想像と違っていた点はなかったか

をメモしておき、後で企業研究シートに書き留めておきましょう。

内定後にどの企業を選ぶかの参考になります。

「注意」企業研究の3つの注意点

転職活動は、働きながら休みや仕事の合間に作業しなければならないため、大変忙しくなります。

ただ企業研究すると言ってもたくさん時間があるわけではないため、やり方に工夫が必要です。

ここでは企業研究を行うときの注意点について、3つ紹介していきます。

効率よく、企業分析を行いましょう。

企業研究だけに時間をかけすぎない

企業研究に忙しい時間をたっぷりと使う必要はありません。

企業研究だけでなく、自己分析やほかの面接対策にも時間かけてバランスよく臨みましょう。

企業研究を始める前に、テンプレートなどをネットで検索して、あらかじめどこまで調べるかを決めておくと効率がいいですね。

企業研究の目的を間違えない

企業研究は内定を得るための手段に過ぎません。

しかし一生懸命に企業を分析すればするほど、企業を知るのが楽しくなり調べ物ばかりに時間を割いてしまうこともあるかもしれません。

知識を蓄えることは確かに大切ですが、インプットしているだけで内定に近づいているとは錯覚しないように気をつけましょう。

企業の悪い面にも目を向ける

懸命に企業研究していると、そのうち企業のことが段々気に入ることでしょう。

そして、今はたらいている会社と比較すると、志望企業の良いところばかりを見てしまいがちです。

隣の芝生は青く見えるものなのです。

しかし良い面があれば、悪い面もあるのがふつう。

配属リスクや昇進制度、仕事上のストレスなど、企業の良い面ばかりでなく悪い面にも向き合うよう注意しておきましょう。

まとめ

今回の記事では、面接対策や入社後のミスマッチを防ぐために必要不可欠な企業研究のやり方についてご紹介いたしました。

・企業研究ではポイントを絞って抜け目なく調べること
・業界の位置付けや他社と比較して志望企業の強みを分析
・自分と会社との相性を知ることで、入社後のミスマッチを防ぐ
・企業研究ばかりでは、直接内定には繋がらないためバランスよく

企業研究で調べる項目

企業を調べてからが対策です。

友人や転職エージェントと対話することで、しっかり志望動機を整理しましょう。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました