【サラリーマン必見】(超簡単)ふるさと納税の仕組みと始め方

資産形成

 

ふるさと納税を始めてみたいけど、いったいどうすればいいの?

こんにちは、みに丸です。
今回は、ふるさと納税について、気になっているけどやり方がわからない方のために、仕組みやメリット、方法について丁寧に解説していきます。

始め方は思ったより簡単です。
早速みていきましょう!!

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は、地方の自治体に寄付ができる制度となっており、寄付額-2,000円が税金の前払いとなります。

そして、寄付した自治体から返礼が貰えるのですが実質負担2,000円でたくさんの返礼品が貰えるのでとてもお得です。

ふるさと納税は確定申告が必要ですが、サラリーマン向けに確定申告を不要にできるワンストップ特例制度もあります。

ふるさと納税で税金が引かれる仕組み

ふるさと納税サイトを見るとわかる通り、寄付先の特産物の詰め合わせを貰えます。
それを実質2,000円の負担だけで貰えるということを知っておきましょう。

ふるさと納税は地方自治体(市区町村)に寄付できる制度です。
都会に集中する税金を分散させるためにはじまった仕組みなのです。

ふるさと納税とは言いますが、生まれ育っていない場所でも寄付することはできます。

ワンストップ特例制度の簡単3ステップ

①寄付をすると返礼品と申請書が貰えるので「申請書」を提出。

②寄付先の自治体から住んでいる自治体に「税額控除の通知」が送られる。

「住民税から控除」される。

つまり、ワンストップ特例制度を活用するなら、寄付して申請書を送るだけ。

例えば、50,000円を寄付すると、48,000円が住民税控除となり、2,000円を負担することとなり、代わりに返礼品がもらえる仕組みとなっています。

食品だけでなく、飲み物や、日用品の詰め合わせ、電化製品など、様々な種類の返礼品があります。

毎年ふるさと納税は行うことができるので一度始めれば、ずっとお得に利用できます!!

ふるさと納税の3つのメリット

実質2000円の負担で返礼品がもらえる

ここまで説明したので、ご理解いただけたかと思います。

ワンストップ特例制度なら申請書を出すだけ

概要でもお話しましたが、1自治体につき、1枚の申請書を出すだけでいいです。
ただし、ワンストップ特例制度は5自治体までが対象で、6自治体以上に寄付する場合は確定申告が必要になります。

(応用)楽天ふるさと納税サイトによりポイント還元

実際にどれくらいポイント還元が受けられるのか
独身若手サラリーマンの私の例を参考に見ていきましょう。

私は2021年3月25日にあった、楽天市場のお買い物マラソン(1品購入後ごとポイント還元率が高くなるイベント)のタイミングにふるさと納税を行いました。

熊本県山鹿市 ハンドソープ 20,000円
岐阜県池田町 ボディハンド詰め替え 15,000円
大阪府泉佐野市 タオル 15,000円
秋田県北秋田市 あきたこまち 6,000円
合計56,000円

このタイミングで他の買い物6,000円分もしていますが
4月15日約13,000ポイントが還元されていました。(20%の還元率)

これは、実質負担金を越えるポイント還元になっています。
なのでポイント還元の恩恵まで受けたいならダントツで楽天ふるさと納税がおすすめ。

また、別の記事でどのようにお得になるかは説明できればと思います。

ふるさと納税の3つの注意点

返礼品の金額≠実際の商品の価格

寄付に対する返礼品の還元率は30%までと決まっています。
30,000円の寄付をすると10,000万円分の返礼品が貰える仕組みとなっています。

返礼品が届くのに2ヶ月近くかかることもある

年末に行うと他の人も駆け込みで寄付することが多いので余裕を持って行いましょう。
まとめ買いすると冷蔵庫がぱんぱんになったりします。

上限額以上寄付すると損する

年収によって控除の上限額が決まっています。

上限額以上購入してしまうと、税金の控除が仕切れず2,000円以上の負担になることもあリます。

シミュレーションサイトを用いて、控除上限額を確認しましょう。

ふるさと納税の始め方

確定申告申告制度ワンストップ特例制度か選ぶ

②ふるさと納税サイトで寄付上限額をシミュレーションし、
自治体と返礼品を選んで寄付する

③確定申告制度なら確定申告の際に、ワンストップ特例制度なら、申請書を提出する

「寄付額-2000円」が税金から引かれているか確認
(6月に届く特別徴収税額通知書を確認しよう)

まとめ

今回はふるさと納税について紹介しました。

ふるさと納税とは

  • ふるさと納税は、地方の自治体に寄付ができる制度で税金を前払いする仕組み
  • 寄付した自治体から実質負担2000円で様々な返礼品が貰えるのでお得
  • ふるさと納税は確定申告が必要だが、サラリーマンはワンストップ特例制度を活用

3つのメリット

  • 実質2000円の負担で返礼品がもらえる
  • ワンストップ特例制度なら申請書を出すだけ
  • 楽天ふるさと納税サイトによりポイント還元

3つの注意点

  • 返礼品の金額≠実際の商品の価格
  • 返礼品が届くのに2ヶ月近くかかることもある
  • 上限額以上寄付すると損する

ふるさと納税の始め方

  1. 確定申告申告制度ワンストップ特例制度を選ぶ
  2. ふるさと納税サイトで寄付上限額をシミュレーションし、自治体と返礼品を選んで寄付
  3. 確定申告制度なら確定申告の際に、ワンストップ特例制度は申請書を提出
  4. 寄付額-2000円が税金から引かれているか確認

いかがでしたでしょうか。
ふるさと納税は年末ギリギリまでやってます。
今年から是非トライしてお得な返礼品をゲットしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました