【ミニマリストが伝える】大切なものだけで暮らす魅力と3つの方法

貯める

こんにちは、みに丸です。

ミニマルな暮らしってなんだと思いますか?
布団も家電等何もない部屋でパソコンだけあるようなイメージしていませんか。

私が思うミニマルな暮らしは、

自分にとって必要で大切なものだけに、囲まれて暮らすこと。

だと思っています。
持たない暮らしというより「大切なものを持つ暮らし」です。

家の中を探せば、あることさえ忘れているものがたくさんないですか?
無駄なものを捨てることで本当の幸せを見つけることができるんです!

今回はミニマリストの魅力を伝えるとともに
ミニマルに暮らすための方法について紹介していきます。

無駄なものがあることのデメリット

時間とお金が奪われる

あるだけなら害がないと思いがちですが
実はあるだけで時間とお金が奪われていってるんです。

無駄なものがあると…

  • 掃除やメンテナンスが必要になる。
  • 探し物に時間をとられる。
  • 処分するお金や売る手間がかかる。
  • 物が多いために、部屋を広くする。

あなたの大切な時間やお金を無駄にしてしまっているのです。
逆に裏返せば、ミニマリストになれば時間とお金を生むことができるということなのです。

幸せは人それぞれです。
あなたの幸せなものはなんですか?

これだけは必要と思える物を書き出していくと
あなたなりのミニマルな暮らしをイメージできるのではないでしょうか。

私は昔から好きな洋服のブランドあります。また、筋トレをします。
なので、必要最低限ですがお気に入りの数着やプロテインやジム代は気にしていません。

自分なりのミニマルな暮らしを実現していきましょう。

ミニマルに暮らすためにもつもの3選

お金を生み出すもの

最低限の仕事道具や節約につながるものを持つようにしましょう。

例えば、小さな家に住むことをおすすめします。
住むコストを下げることができるからです。住居費は、支出の中でも大半を占めます。

私はより都心に住むために部屋の広さを犠牲にすることでそれなりに立地のいい所を選ぶようにしました。

そして、必然的に物を減らさざるを得ないため余計なものを持たなくなります。

時間を生み出すもの

時間を生み出す便利なグッズはたくさんあります。

時間を奪う物を捨てる。
私はドラム式洗濯機を購入して干す手間を省きました。
また、ゲームやテレビを処分することで時間を取られないようにしました。

物が無くなると掃除が楽になります。
時間を生み出せますね。

無駄な習慣も捨てる。
また、SNSを見る時間やいらないメールを消す等
無駄な習慣も減らしていきましょう。

行動の無駄を減らすことで多くの自由な時間を生み出すことができます。

お気に入りのもの

使わない家電や家具、なんとなく飾っているものがたくさんありませんか?

そういったものを処分し、お気に入りのもの、
自分をポジティブな気持ちにしてくれるものを使いましょう。

処分に困ったら

それって普段使ってる?
持ってたら気分高まるもの?
手放すと生活に影響でる?

という観点からチェックしましょう。
思い切って捨てることで時間やお金、スペースを確保することができるでしょう。

おすすめの3つの片付け方

カバンや財布から片付ける

お財布ってすぐレシートとかいらないポイントカード入れがちですよね。
不要なものが溜まりやすいですが片付けも簡単にできます。
まずは小さいところから片付けましょう。

よく使う場所を片付ける

いつも生活する場所を片付けてみましょう。

リラックスできる環境をつくるでストレスがなくなり
集中力UP、作業スピードUPといったことも期待できます。

大量にある捨てやすいものを片付ける

あなたにとって身の回りで何が1番多いですか?
本や文房具、洋服など考えられますが

捨てることによって部屋の印象がガラッと変わります。
長く使っていないものはすぐに処分していきましょう。

まとめ

今回はミニマルに暮らすための方法について紹介していきました。

無駄なものがあることのデメリット

ミニマルに暮らすためにもつもの3選
1.お金を生み出すもの
2.時間を生み出すもの
3.お気に入りのもの

おすすめの3つの片付け方
1.カバンや財布から片付ける
2.よく使う場所を片付ける
3.大量にある捨てやすいものを片付ける

少しでも、ミニマリストの魅力と
ミニマルに暮らすための方法が伝わればと思います。

すぐに実践できると思います!
まずは財布の中から整理してみませんか?

貯める
スポンサーリンク
シェアする
みに丸をフォローする
みに丸

県庁職員・国家公務員を経験した後、大手企業へ転職。
現在は、本業と節約で資産運用しています。
転職やお金の貯め方について元公務員ならではの視点で書いていきます。

みに丸をフォローする
みに丸ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました