【地方・国家公務員】お金の貯め方(資産形成のコツ)

資産形成

公務員って将来どれくらいお金貯めれるのかな……。

公務員がお金持ちになるにはどうすればいいの?
これから公務員になると将来安心なのかな?
公務員はどうやったら資産形成できるの?

こんにちは!みに丸です。
今回は公務員の資産形成のための3つのコツについて解説していきます。

私は、県庁に勤めた後、国家公務員に出向し、転職を経験してます。
元公務員として、給料や仕組みについてはある程度知識があります。

公務員で、これからお金のことで将来を考えている方はぜひ最後まで読んでください。
参考書籍はこちらです。


それでは、本題に入ります。

資産形成の鉄則

まずは、資産の増やし方について、ざっと解説します。

・収入を増やす
・支出を抑える
・投資による利回りで資産を増やす

これを式にするとこうなります。

資産=(収入ー支出)×(1+利回り)
つまり、多くの資産を作るには、いかに収入を増やし、支出をカットできるかが、ポイントになります。

資産運用については、他の記事でも紹介していますので、是非参考にしてみてください。

社会人が最速でお金を貯める7つの方法
こんにちは。みに丸です。皆さん、将来お金のことで不安を抱えていませんか?老後2000万円問題がニュースになり長期的な資産形成が重要となっています。今回はお金を貯める7つの方法について紹介していきます。

公務員が有利な5つの理由

それでは、資産形成を考える上で、公務員は向いているのか、向いていないのか。
解説していきます。まずはメリットから。

収入が安定している

公務員は安定した収入が得られます。

多くの自治体が年功序列で収入が増えていくため、事件を起こさない限り継続的に安定した収入を得ることができます。

また、このコロナ禍でも、民間企業は給料が3割カットされているところもありますが公務員は給料が大きく下がることはありませんでした

例えば、首都圏の地方公務員、国家公務員の場合、約4.5ヶ月のボーナスをもらうことができます。
前年度は0.05ヶ月分しか削減されませんでした。

民間企業の景気に後追いになるので今後はわかりませんが、それでもボーナス無くなることはないと考えられます。

社会的に信用がある

自営業やフリーランスだと、カードを作ったり、家のローンを組むのにも、なかなか通らず大変な思いをすることもあると思いますが、

公務員は信用があり、ローンは比較的組みやすいです。

副業でも許されている不動産投資などは行いやすいなどのメリットもあります。

福利厚生が手厚い

現在でも、福利厚生は充実しております。給料の他にも、以下の恩恵を得ることができます。

「住宅手当」
国家公務員の場合2.7万円ほど
地方公務員でも1.4万から3万近くでるところがあります。

「官舎」
公務員には寮のような社宅がついています。
災害時に応援職員として働くことなどを条件に住むことができます。

基本的には家賃はかなり安いです。
一人暮らし用で1万円〜4万円で住めるものもあります。
配偶者も合わせて住める官舎もあったりと充実しています。

「通勤手当」
通勤手当は上限までなら全て支給されます。
(上限もよほどだいぶ離れた県外でない限りは問題ありません。)

民間企業だとでない会社もあるかと思いますので、その点有利といえますね。

「地域手当」
地域によって、物価の違いを補填するための手当がもらえます。
東京だと20代後半で4万円弱もらえます。(給料から割合で貰える。)

他にも、寒い土地で勤めることでもらえる寒冷地手当や離島に勤めることでもらえる特地勤務手当もあります。
また、出産等で、休業する場合も、申請によって組合からお金をもらえる制度もあります。

このように、福利厚生をうまく活用することで資産を増やすことができます。

共働きしやすい

公務員は共働きが非常にしやすいです。
福利厚生として、男性職員も女性職員もパパ休や育児休暇など取得することができ、休職後も復帰しやすいです。

さらに、男女で給料や福利厚生に差がないため、職場結婚すると、単純に2倍です。

そのため公務員の平均年収600万から700万円は、一生懸命働いていれば貰えるため、
二人で年収1200万円も難しくありません。

公務員同士の共働きであると、生活リズムも同じため、比較的安定した暮らしをすることができます。

お金を貯めて夏休みはお盆とずらして海外旅行〜なんて素敵ですよね。(笑)

長期投資に有利

将来の給料を予測できるため、計画的に資産形成しやすいです。
さらに資産形成するためには、年金を手厚く貰える上に、ideco積立NISAもしておけば老後資産5000万円も難しくありません。

贅沢な暮らしをせずに、謙虚な生活をすれば手堅くお金を貯めることも可能です。

公務員が不利な2つの理由

一方で、資産形成に不利な点を見ていきましょう。
本気で資産運用を考えており、「将来は絶対金持ちになるんだ」と考えている方。
特に注意です。

稼げる額が決まっている

安定性はいいですが、貰える収入が決まっています。
特に、年収650万円は係長クラス以上になってからで、30後半まで伸びません。

そのため、管理職になることを除けば、若いうちは、いくら頑張っても残業代で稼ぐしか収入を増やす方法がありません。

さらに、公務員は法律で副業を禁止しているため、稼ぐ力が底上げしにくい状況になっています。

ただ、神戸市など副業を可能していたり、国が副業を推奨していますが、全面的に副業をできるようになるには、まだまだ難しいでしょう。

生涯年収が下がりつつある

さらに追い討ちをかけるように、不景気に伴って職員の給料は年々下がっています。

退職金についてもどんどん減額されています。
ちなみに、25年前と比べると退職金は1000万円減っています。(現在平均約1800万円)

さらに、平成27年に共済年金が廃止され、年金制度が公務員以外と統一されてしまったため、老後に貰える年金の量も単純に減ってしまいました。

今後さらに生涯年収が減ることになるので益々資産形成に厳しくなってきます。

資産形成がうまくいく3つのコツ

長期的に謙虚な生活

公務員は継続して退職まで働き続けることで一番恩恵が得られます。
長期的に資産運用を行い、お金を増やしていくことで老後も不自由のない生活を送ることができるでしょう。

ただ、不景気に伴い、生涯年収が今よりも下がっている可能性はありますので35年勤め続ける覚悟が必要です。

公務員同士の共働き

公務員の方なら、誰もが理想に考えているかもしれませんが、資産形成にはとても良いです。
仕事やお金の価値観を共有して、共働きで資産形成していきましょう。

管理職を目指す

収入UPを考えるなら仕事に本気で向き合いましょう。その上で、向上心を持って業務に取り組むことが大切です。
東京都庁職員か国家公務員は昇格が早いです。

・東京都庁は昇格試験制度で30代で管理職も可能。
・国家公務員は非常に難関で、仕事内容もハード。昇給は早い。
→地方公務員からの出向制度もあるため、興味のある方はチャレンジ!

私の出した結論

公務員の資産形成

ここまで記事を読まれていかがでしたでしょうか。
公務員に興味を持っている方は今後就職、転職の参考になればと思います。

公務員は生活に困ることはないとは思います。
お金に大きく固執しなければ、魅力に思われた方もいらっしゃると思います。

一方で、将来を考えて公務員からの転職を頭によぎった人もいるかもしれません。

もっと収入が欲しいのであれば、大手に勤めて副業した方が、さらに稼ぐ力を身につけることができます。

今回はお金の観点で公務員について解説しましたが、仕事のやりがいなど、判断基準は様々かもしれません。

公務員のお仕事は利益優先ではないこと、単純な事務処理も多いといった面からやりがいを感じにくいお仕事もあリます。

お仕事を割り切って、プライベートを充実させるという考え方もできます。

私はこうした。

私は結果、転職しました。
公務員を決して否定するわけではありません。様々なお仕事があって、地域のために、国民のために働ける立派なお仕事です。

しかし、公務員に残り30年勤務し続けることよりも、今自分のやりたい仕事を見つけ、海外で活躍したり、副業をしたりと、もっと様々な経験をしたい想いが私にはありました。

そして、公務員で培ったことを活かせる業種や職種にも巡り会え、転職に至りました。

  • 自分の専門性を高められる
  • さらに収入が増えた
  • 仕事の裁量にも自由度があがった

以上のメリットがあったことは、自分の人生を大きく変えたと思っています。

これからは終身雇用の時代は終わり、転職を経験し、自分自身の市場価値を高めていく時代になると思います。

「人生いろいろ経験した方が楽しいかな。」って楽観的でしたが、案外なんとかなりました。
今、公務員の方で転職を悩まれている方。こちらの記事も参考にしてみてください!

公務員から民間企業へ転職はもったいない?(元国家公務員が解説)
こんにちは!元国家公務員のみに丸です。公務員を辞めたいと思う人は多いです。公務員を辞めるのはもったいないって思ってしまいますよね。今回は、公務員から民間企業企業への転職に悩んでいる皆さんに向けて解説していきます。私の公務員の経験を踏まえて、書いてますので是非参考にしてください。

まとめ

今回は公務員が資産形成をする方法について紹介しました。
資産形成の鉄則
いかに収入を増やし、支出をカットするか。

公務員が有利な5つの理由
・収入が安定している
・社会的に信用がある
・福利厚生が手厚い
・共働きしやすい
・長期投資に有利

公務員が不利な2つの理由
・稼げる額が決まっている
・生涯年収が下がりつつある

資産形成がうまくいく3つのコツ
・長期的に謙虚な生活
・公務員同士の共働き
・管理職を目指す

公務員の給料や資産形成に興味をもっている方の役に立てばと思います。
安定している分、大きな収入を得られない面もあるため、難しいですよね。

まずは節約など日々の支出を抑えることから始めていきましょう!!

節約について気になる方は、こちら!

【一人暮らし必見】今すぐできる節約術(固定費・変動費別5選)
こんにちは、みに丸です。今回は一人暮らしの方必見!貯金するための節約術10選を紹介します。一人暮らしはお金の管理が完全に自己責任ですよね...気づいたらお金がないといったことありませんか?節約や貯金は大事だとわかっていてもつい使いすぎてしまったり正しい節約が出来ずに貯金できない。と悩んでいることはないですか?
資産形成
スポンサー
シェアする
みに丸をフォローする
みに丸

県庁職員・国家公務員を経験した後、大手企業へ転職。
このブログは、元公務員の私が真剣にキャリアと向き合ってきた経験や多くの書籍を参考に、転職のノウハウや情報を発信しています。

みに丸をフォローする
みに丸転職

コメント

タイトルとURLをコピーしました