【一人暮らし必見】今すぐできる節約術(固定費・変動費別5選)

貯める

こんにちは、みに丸です。
今回は一人暮らしの方必見!貯金するための節約術10選を紹介します。
一人暮らしはお金の管理が完全に自己責任ですよね…

気づいたらお金がないといったことありませんか?
節約や貯金は大事だとわかっていても
つい使いすぎてしまったり正しい節約が出来ずに貯金できない。
と悩んでいることはないですか?

今回紹介する方法で私は年間200万円近くストレスなく貯金することができました。
固定費変動費別で5選ずつ紹介します。
節約マインドを身につけ、安定的に貯金しお金の悩みから解放されましょう。

固定費の見直し5選

固定費とは毎月かかってくるお金のことです。
固定費を下げれば暮らすだけでお金を抑えられることができます。

家賃を見直す

20代の一人暮らしの家賃の全国平均は約6、7万円とされています。
20代の社会人の手取りが20万円弱であることを考えると
節約メリットはかなり大きいです。

家賃を1万円安くすれば年間にして12万円も節約することができます。

ガス代・通信費を見直す

家賃を見直す際に一緒に見る必要あるのがガス代と通信費です。

プロパンガスや、ネット代は高いので
・都市ガスの場所を選ぶ。
・インターネット代が無料の部屋を借りる。
を意識してみましょう。

保険を解約する

20代一人暮らしであれば大きな病気にかかるリスクはかなり低いです。
医療保険等入ってい場合は見直しましょう。
なんとなく、入ってしまっているものがあれば
解約した方がいいかもしれません。

保険の見直しで年間数万円節約できる可能性があります。

スマホ代を見直す

大手キャリアのスマホ代は5000円〜1万円くらい
ですよね。
格安SIMのスマホに変えると月2000円まで抑えることが、出来ます。

ちなみに、私は楽天モバイルで
20GBまで1980円で利用することができます。
一年無料キャンペーンをやっていたときに入会しているので
今はずっと無料です。(2021年7月2日現在)

また、格安SIMはほとんどデメリットなく使えます。
大手キャリアのメールアドレスを使えない。
LINEの年齢確認ができない。
くらいで、なんとでもなります。笑

7000円かかっていたとすると
月5000円節約、つまり年6万円も見直すことができるといえます。

サブスクリプションを解約する

ネットフリックスやAbemaTVなど
ちゃんと使わないと、単にお金を吸い取るだけの存在になる可能性があります。

私はサブスクリプションならAmazon Primeだけ登録するようにしています。
めちゃくちゃ便利で、他のサブスクいらなくなります!

映画も見れるし、音楽も聴けますし、買い物もするので。
本も読めたりもしますよね。

最低限なものだけ登録してうまく節約していきましょう。
この機会にAmazonプライムの無料登録始めてみませんか?

Amazon.co.jp: Amazon Prime

変動費の見直し5選

食費や交際費等の変動費の節約には生活習慣化、マインドが大切です。

自炊する

一人暮らしの食費は約4万円です。
変動費の中で大きな割合を占めます。
月に1〜2万円まで抑えることができるでしょう。

また、水筒を持参しましょう。
私はジムで給水機があったことから
ボトルを持つ習慣ができ、職場でも家でも常に
水を入れて飲んでます。
飲み物はほとんどジュースを飲まず
水だけ飲んでいますが、肌にも良いので
一石二鳥と思って続けています。

普段から外食しないことで
友人や恋人との外食が非日常の贅沢な時間になり幸福度も上がります

外食するとしても夕食ではなくて
ランチにすることで同じ金額でも豪華なものが食べれます。

お菓子・たばこを辞める

お菓子をずっと食べていませんか。
ポテチとコーラは中毒性が凄いですよね。

しかし、お菓子を食べると虫歯、糖尿病、肥満等のリスクが高まり
医療費負担も増える可能性があります。
習慣的に食べている方は見直しましょう。

また、たばこを吸われている方は辞めましょう。
1週間に2箱吸っているとすると月に約4000円、
年間約5万円の節約ができます。

百害あって一利無しです。

免疫力の低下により病気にかかるリスクを考えると
医療費負担も減らすことができます。

コンビニに行かない

コンビニで売られているものはスーパーで買われているものより高いです。
弁当等金額を見るとスーパーより100円、200円高いですよね。
私がコンビニに行くのはフリマアプリでの発送の時だけです。

飲み会を減らす

コロナ禍ということもあり、飲み会が減っているかもしれません。

終電を過ぎて飲んでいたら
タクシー代含めて1日に1万円ということはよくあるかと思います。
飲み会は高いという意識を持つようにしましょう。

キャッシュレスで生活する

クレジットカードは貯金、節約に大きなメリットがあります。

・ポイント還元される
楽天カード等を使って還元していくとお得です。
・お金の管理が簡単
家計簿アプリと連動することで家計簿を書く手間も省ける上に、
使う度に記録に残るので管理がしやすいメリットがあります。
・ATM引き落ろし手数料がかからない
100円、200円ですが長期的に見ると何万円となっていきますので
無駄な出費は抑えましょう。

ちなみに、私は交通系電子マネーや楽天ペイ等も家計簿アプリと連動し
収支は全て自動で把握しています。

まとめ

今回は節約するための方法について紹介しました。

固定費の見直し
1.家賃を見直す
2.ガス代・通信費を見直す
3.保険を解約する
4.スマホ代を見直す
5.サブスクリプションを解約する

変動費の見直し
1.自炊する
2.お菓子・たばこを辞める
3.コンビニに行かない
4.飲み会を減らす
5.キャッシュレスで生活する

ケチな行動は避けましょう。
節約で良くないことはケチな行動をすることです。

  • 数十円のためにスーパーを回る。
  • 真夏や真冬にクーラーを我慢する。
  • 電化製品のブレーカーを落とす。

といった行動は、ストレスに見合った節約効果を得ることができません。

必要なお金でなく、無駄なお金を削ることで
ストレスフリーで節約していきましょう。

辛いのは最初だけです。
自炊等は始めるのは大変ですが習慣化してしまえば
生涯にわたって食費の節約することができます。

はじめてしまえば、継続して節約できますので
今日からすぐに実践していきましょう。

貯める
スポンサーリンク
シェアする
みに丸をフォローする
みに丸

県庁職員・国家公務員を経験した後、大手企業へ転職。
現在は、本業と節約で資産運用しています。
転職やお金の貯め方について元公務員ならではの視点で書いていきます。

みに丸をフォローする
みに丸ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました